Netflixアニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』が7月31日までの期間限定で、ムゲ役の志田未来、日之出役の花江夏樹、ムゲの親友・深瀬頼子役の寿美菜子、日之出の親友・伊佐美正道役の小野賢章ら豪華キャストによるオーディオコメンタリーの公開をスタートした。
あわせて、佐藤順一監督と柴山智隆監督からのコメント、および映画本編のその後を描いた公式の新イラストも到着した。



6月18日の配信開始からはやくも、毎日更新されるNetflix日本国内のデイリーTOP10にて上位を記録するなど大反響を巻き起こしている本作。
SNSでも「何気ないセリフがグサグサ心に刺さって感動した」「ムゲの気持ちに共感してしまった」「2020年ベスト」など絶賛の声が相次いでおり、佐藤監督は「ムゲや日之出たちの曖昧な感情に共感してくれる人が本当に多くて、この映画を作ってよかったと勇気づけられました」などとファンへの感謝と喜びを語っている。

このたびYouTubeでの期間限定配信がスタートしたオーディオコメンタリーは、そんな大反響を受けリモート収録で制作されたもの。
映画本編の冒頭から終了まで、志田、花江、寿美、小野ら豪華なキャスト陣が二人ずつ交代で登場し、それぞれのシーンを解説していく。


あらためて本編を鑑賞するキャスト陣のリアクションとともに、キャラクターのトリビアや初めて語ったお互いの演技の印象などを聞いて楽しめる、ここだけのスペシャルな内容が盛りだくさんだ。
映像の途中では、正解者の中から志田と花江のサイン入り台本や映画オリジナルグッズが当たる、プレゼントクイズも実施している。

さらに、映画本編のその後を描いた公式の新イラストも公開された。ムゲ、日之出、頼子、正道の 4人が夏祭りに訪れた様子が描かれており、浴衣姿で日之出の手を取り笑顔を見せるムゲや、照れながらもまんざらでもなさそうな日之出の姿に、本編を観た後なら思わずニヤリとしてしまう一枚だ。
柴山監督はこのイラストについて、「『泣き猫』を一度ご覧になった方も、これからご覧になる方も、お祭りは始まったばかりなのでまだまだ何度でも遊びに来てください、というスタッフ・関係者一同からの感謝の気持ちを込めてます」との思いを明かした。

Netflixアニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』は、、Netflixにて全世界独占配信中だ。

<以下、コメント全文掲載>
【佐藤順一監督】
無事にNetflixでの配信が始まり、日本だけでなく世界の皆さんに観ていただくことができて、今は皆さんの反応一つ一つにハラハラドキドキの毎日です。 中学生の微妙な感情の揺らぎが軸の物語ということで、怒りも喜びも、好きや嫌いという思いも全てが未熟でもやもやしていて、でもだからこそ、そこがたまらなく愛しくもあってなかなかドラマとして演出しやすい方向、 感情が弾ける方向に行ってくれず、苦労したことが思い出されます。しかし、そんなムゲや日之出たちの曖昧な感情に共感してくれる人が本当に多くて、この映画を作ってよかったと勇気づけられました。 猫のお面を捨てて現実のお面をつけてこれからもムゲたちは生きていきますが、それは僕たちみんな同じで普通のこと、弱さを認めることは強さへの第一歩。人と人の距離感が難しい時代ですが、この映画が少しでも多くの人のささやかでも力になれることを願っています。

【柴山智隆監督】
<ファンへ感謝と喜び>
ご視聴いただきありがとうございます。「無限大謎人間」というあだ名をつけられるようなムゲですが、謎な行動には理由があったりします。一度観ていただいた方は、ムゲや日之出たちの本音や表に出てない一面を知ってるので、二度目からは見え方がまた少し変わって面白いと思います。 後半、猫島に行ってからは夜のシーンが多いのですが、明るい視聴環境だと背景美術の細かな描き込みが少し見えにくくなります。
部屋の明かりを消して暗い空間で観ていただけますと、没入感も増して一層楽しんでいただけると思います。
<イラストについて>
イラストは、猫島から戻った後、雨で延期になったお祭りに4 人が遊びに来たシーンです。ちょっと早く着いた頼子と伊佐美は少し出店を回ってから、ムゲと日之出を待っています。ムゲと日之出の仲は進んでるはずなのにやっぱり照れてる日之出が微笑ましいです。『泣き猫』を一度ご覧になった方も、これからご覧になる方も、お祭りは始まったばかりなのでまだまだ何度でも遊びに来てください、というスタッフ・関係者一同からの感謝の気持ちを込めてます。

<Netflixアニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』作品情報>
Netflixにて全世界独占配信
出演:志田未来 花江夏樹 小木博明 山寺宏一
監督:佐藤順一・柴山智隆
脚本:岡田麿里
主題歌:「花に亡霊」ヨルシカ(ユニバーサルJ)
企画:ツインエンジン
制作:スタジオコロリド 
製作:「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会
(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会