7月5日は「ビキニスタイルの日」。

1946年にフランスのデザイナーであるルイ・レアールが、世界で最も小さな水着として発表しました。ビキニという名前は発表直前の7月1日に、アメリカがマーシャル諸島のビキニ環礁で行った核実験にちなんでいます。

アニメには思わず憧れてしまうほどのボディスタイルを持つキャラクターが数多く登場します。鋼のような筋肉隆々の肉体が自慢だったり、スーパーモデル顔負けの美脚を誇ったり、いつまでも若さを保っていたりと、描かれ方もさまざまです。皆さんが「この人になりたい!」と思っているキャラクターは一体誰なのでしょうか?

そこでアニメ!アニメ!では「なりたいボディスタイルのアニメキャラは?」と題した読者アンケートを実施しました。6月22日から6月29日までのアンケート期間中に97人から回答を得ました。
男女比は男性約35パーセント、女性約65パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約50パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

本記事では男性キャラクター編の結果を発表します。

■筋肉ムキムキキャラが上位に!
第1位
1位は『ダンベル何キロ持てる?』の街雄鳴造。支持率は約10パーセントでした。


本作の主人公・紗倉ひびきが通うジムのトレーナーである街雄鳴造。普段はイケメンの好青年ですが、ボディビルのポージングを披露すると服が破れて、たくましい肉体が露わになります。
「脱いだ途端に普段の倍ぐらいのゴリゴリマッチョ体型になってるのがすごい」や「一回だけあんな体になって、ものすごく重いものとか持ち上げてみたい!」と、人並み外れた筋肉の虜になったファンからコメントが届きました。

第2位
2位は『鋼の錬金術師』のアレックス・ルイ・アームストロングと『ドラゴンボール』の孫悟空が同票でした。

アメストリス軍のアームストロング少佐も鍛えられた肉体を誇るキャラクター。本編では上半身裸になって筋肉を見せ付けて輝くシーンが印象的でした。「筋肉を全面的に主張するだけの肉体美と、たしかな実力に憧れます」と、その強さや人柄の良さも人気の秘訣です。

孫悟空は言わずも知れた「ドラゴンボール」シリーズの主人公。とくに『Z』以降の大人になった姿に魅了されたという声が多かったです。「超サイヤ人4のワイルドなボディスタイルがカッコイイ」や「超サイヤ人ゴッドのときが一番好き」など、『GT』や『超』で披露した形態が好きだという声もありました。



■そのほかのコメントを紹介!!
『進撃の巨人』エルヴィン・スミスには「ガタイが良くて身長も高く、鍛え上げられた体がめっちゃカッコイイ!」。
『幽☆遊☆白書』戸愚呂(弟)には「もし体の筋肉量を自由にコントロールできるのなら80%くらいになってみたい!」。

『Free!』松岡凛には「シュッとしてるけどしなやかでゴリゴリ過ぎない適度な筋肉量と美しさ。もし男として産まれていたらぜひ身につけたい理想の筋肉です」。



『血界戦線』スティーブン・A・スターフェイズには「細身で足が長い抜群のスタイル、女子の私からしても羨ましいです」といったコメントが届いています。

今回のアンケートでは男性は筋肉がムキムキなキャラクターに、女性はしなやかな筋肉を持った細マッチョのキャラクターに投票する傾向がありました。

女性キャラクター編の結果も発表しています。こちらもお見逃しなく!

■全体ランキング
[なりたいボディスタイルの男性アニメキャラは?]
1位 街雄鳴造 『ダンベル何キロ持てる?』
2位 アレックス・ルイ・アームストロング 『鋼の錬金術師』
2位 孫悟空 『ドラゴンボール』
4位 烏間惟臣 『暗殺教室』
4位 サマー仮面 『おそ松さん』
4位 七瀬遙 『Free!』
4位 二藤宏嵩 『ヲタクに恋は難しい』
4位 範馬勇次郎 『バキ』
4位 ロロノア・ゾロ 『ワンピース』

(回答期間:2020年6月22日〜6月29日)

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。