『鬼滅の刃』OP主題歌である「紅蓮華」が、Spotify発表の「Spotifyで2020年を振り返る 海外で最も再生された国内アーティストの楽曲」で1位を獲得。さらに、同曲を歌うLiSAも「海外で最も再生された国内アーティスト」の1位に輝いている。



「Spotify」は世界で3億2,000万人以上のユーザーが利用するオーディオストリーミングサービスだ。
今回、2020年に海外で聴かれた日本の音楽ランキング「Spotifyで2020年を振り返る」(集計期間:2020年1月1日〜11月27日)を発表した。

「海外で最も再生された国内アーティストの楽曲」1位は「紅蓮華」。『鬼滅の刃』の世界的な人気がうかがえる結果に。
また、同楽曲を筆頭に『東京喰種トーキョーグール』のOP「unravel」、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のOP「シルエット」なども上位にランクインしており、TOP10のうち8曲がアニメ関連楽曲となっている。



そして「海外で最も再生された国内アーティスト」1位のLiSAは、昨年4位から順位を伸ばして首位獲得。
同ランキングTOP10では、RADWIMPS、米津玄師、久石譲、林ゆうき、Aimer、いきものがかり、TK from 凛として時雨、FLOWといったアニメ関連楽曲を手掛けたアーティストも多数名を連ねた。