寒い日が続くと温かいスープが恋しくなりますよね。今回は、京都の韓国料理店でオーナーシェフをつとめる星野明香さんが教える自宅で手軽に作れるメニューをご紹介。

お正月に余ったお餅も使えちゃいますよ。

 

■1:冷えた体に嬉しい!『キムチと餃子のスープ』

『キムチと餃子のスープ』は、冷蔵庫の残り物を使って作る具だくさんな一品。

画像:サロンドサラン

<材料>(4〜5人分)

ごま油・・・大1/2
ニンニク・・・1片(※つぶしておく)
キムチ・・・120g(※食べやすい大きさに切っておく)
しいたけ・・・2〜3枚(※スライスしておく)
いりこだし・・・5カップ
薄口しょうゆ・・・大2弱
酒・・・大1
餃子・・・12個
水溶き片栗粉(片栗粉/水・・・各大2)
九条ネギ(九条ネギでなくても可)・・・1〜2本
ラー油・・・大1

<作り方>

(1)ごま油(大1/2)を入れた鍋にニンニク(1片)を入れ、中火にかける。香りがたってきたらキムチ(120g)、しいたけ(2〜3枚)を加え、炒める。

(2)(1)の鍋にいりこだし(5カップ)を注ぎ入れ、沸騰したら火を弱め3分ほど煮る。

(3)薄口しょうゆ(大2弱)酒(大1)、餃子(12個)をくずしながら加え、さらに5分ほど煮る。

(4)水溶き片栗粉でとろみをつけ、九条ネギ(1〜2本)を加えたら火を止め、ラー油(適量)をたらして完成。

餃子のほかに、豆腐でも相性抜群◎。お酢を加えると酸辣湯風にもなりますよ!

 

■2:韓国のお正月には欠かせない!『トック』

『トック』とは、日本でいうお雑煮のこと。「トッ」は“お餅”「ク」は“スープ”という意味なんです。お正月に余ってしまったお餅を代わりに使うのも◎。

画像:サロンドサラン

<材料>(4人分)

トック・・・300g
鶏ミンチ・・・120g
生姜・・・一片分(※みじん切りにする。)
酒・・・大さじ1強
醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1/2
だし汁・・・5カップ
薄口醤油・・・大さじ1
卵・・・2個
のり・・・適量

<作り方>

(1)鍋に鶏ミンチ(120g)、生姜(1片分)、酒(大1強)、醤油、みりん(各大1)、砂糖(大1/2)を合わせてから中火にかける。パラパラになるまでよくかき混ぜ続け、そぼろにしておく。

(2)鍋にだし汁(5カップ)を入れ火にかけ、薄口醤油(大1)を加えて味を整える。

(3)スープが沸騰している(2)の鍋にトック(300g)を入れ、浮かび上がってきたら火を止める。

(4)器に(3)を入れ、(1)の鶏そぼろ・のり(適量)・卵(2個)をトッピングして完成。

卵は溶き卵でも、錦糸玉子でもどちらでもおいしいのだとか!

 

■3:寒〜い冬にぴったり!『明太子と大根のスープ』

次にご紹介するのは、季節の野菜・大根を使ったスープ。

画像:星野明香

<材料>

明太子・・・1腹
大根・・・5〜6cm
青ネギ・・・適量

いりこだし・・・5カップ
酒・薄口しょうゆ・・・各大さじ1
みりん・・・大さじ1/2
ごま油・・・小さじ1/2

<作り方>

(1)ごま油(小1/2)で大根(5〜6cm)を軽く炒めたあと、いりこだし(5カップ)、みりん(大1/2)、酒、薄口しょうゆ(各大1)を加えて煮ます。

(2)(1)にぶつ切りにした明太子(1腹)を加え、青ネギ(適量)を散らせば完成。

冷えた体がぽかぽかに温まるこの冬おすすめの一品です。

 

■4:子どもから大人までみんな大好き!『たまごスープ』

具材がたくさん入るのが特徴的なのが韓国のたまごスープ。大人から子どもまでみんな大好きですよね。

画像:サロンドサラン

<材料>(2〜3人分)

卵・・・2個
玉ねぎ・・・1/8個
しいたけ・・・1〜2枚(※薄切りにしておく)
にんじん・・・適量(※細切りにしておく)
ニラ・・・適量(※3〜4cm長さに切っておく)
ごま油・・・適量

だし汁・・・3カップ(※いりこ昆布でもかつお昆布でもお好みで)
薄口しょうゆ・・・大さじ1〜1.5
酒・・・大さじ1/2
魚醤・・・少々(※省略可)

塩コショウ・・・適量

<作り方>

(1)鍋にだし汁(3カップ)を入れ火をかけ、沸騰してきたら玉ねぎ(1/8個)・しいたけ(1〜2枚)・にんじん(適量)を加えて煮る。

(2)(1)の具材がしんなりしてきたら、薄口しょうゆ(大1〜1.5)・魚醤(少々)・酒(大1/2)を入れて2〜3分煮る。

(3)必要であれば塩・コショウ(各適量)で整え、ニラ(適量)を加える。

(4)溶き卵(2個分)を流し入れ、最後にごま油(適量)をまわしかけて完成。

水溶き片栗粉でとろみをつけると口当たり滑らかに。

また、スープにとろみがついた後に、玉子を加えることでよりふわっと仕上がるそうなので、ぜひお試しください。

実は自分で作れるものも多い韓国料理。今回紹介したメニューはどれも今の季節にぴったりなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!(文/anna編集部)

【画像・参考】
※ サロンドサラン/星野明香