京都で160年以上も続くお茶屋さんが作る「絶品抹茶スイーツ」3つ

京都で160年以上も続くお茶屋さんが作る「絶品抹茶スイーツ」3つ

抹茶を求めて京都に出かけるという方は多いのではないでしょうか? とはいえ、たくさんのお店があって迷ってしまいますよね。

今回は、2019年5月2日(木)に放送された読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』の人気コーナー『関西スイーツファイル』より歴史あるお茶の名店『中村藤吉本店』の名スイーツをご紹介します。

 

■160年以上続く歴史あるお茶の名店『中村藤吉本店』

画像:読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』

京都府宇治市にある『中村藤吉本店』は、安政元年(1854年)創業の160年以上続く歴史あるお茶の名店。

店内は京都ならではのオシャレな造りになっていて、とっても落ち着く素敵な雰囲気です。この素敵なお店で味わえる名スイーツとは、一体どんなものなのでしょうか。

 

■1:まるで本物の抹茶を飲んでいるかのような『生茶ゼリィ(抹茶)』

画像:読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』

凍らせた竹の器に入っており、見た目もとってもオシャレな『生茶ゼリィ』(900円・税込/テイクアウト390円・税込)は、喫茶がオープンした当初からある看板スイーツ。

中に入っている抹茶アイスクリームは味がとっても濃く、純粋な抹茶の香りが鼻に抜けるのが特徴。ゼリーは、抹茶の風味を逃さぬよう茶葉をブレンドして開発された熱に強い抹茶を使用。そのためストレートにお茶の味を感じられる、まるで本物の抹茶を飲んでいるようなゼリーなんです。

このゼリーを求めて全国からお客さんが来るほど人気なんだとか!

 

■2:今だけ!新茶を使用した『生茶ゼリィ(新茶)』

画像:読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』

続いてご紹介するのは、この時期にしか味わうことのできない『生茶ゼリィ(新茶)』(980円・税込/テイクアウト450円・税込)ゼリーの透明感がとっても綺麗で、目を引きますね。

看板スイーツの『生茶ゼリィ(抹茶)』同様、抹茶が濃厚でとってもおいしいんだそう。新茶のゼリーが味わえるのは5月末までですので、お早めに!

 

■3:カステラがとっても甘くておいしい!抹茶づくしの『まるとパフェ』

画像:読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』

最後にご紹介するのは、抹茶づくしの『まるとパフェ』(1,300円・税込)。中身が見えないため、スプーンを入れるまでは何が出てくるか分からない。ちょっとドキドキして楽しい気持ちになれるパフェです。

画像:読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』

気になる中はカステラやアイスなどの抹茶づくし。スイーツを食べているのに、「お茶っておいしいなあ」と思うほど抹茶の味がしっかりと感じられます。

 

いかがでしたか? 京都・宇治の風景を楽しみながらぜひ抹茶スイーツを堪能してみてはいかがでしょうか?(文/奥山りか)

<店舗情報>
中村藤吉本店
住所:京都府宇治市宇治壱番10番地
最寄駅:JR『宇治駅』
電話番号:0774-22-7800
営業時間:10:00〜18:30
定休日:なし

【画像・参考】
※ 読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』(月曜〜金曜 5時20分〜)

この記事の情報は公開時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。


関連記事

anna(アンナ)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索