さまざまな飲食店が集まる大阪・北新地エリア。

今回は、2019年12月17日(火)に放送された、読売テレビ『かんさい情報ネットten.』の人気コーナー『おでかけコンシェルジュ』より、大阪・北新地にある旬のグルメ店をご紹介します。

■1:元世界一のボクサーが作る!23種類の具材が魅力の『おにぎり竜』

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

『おにぎり竜』は、おにぎりの専門店。店主の山中さんは元ボクサーで、なんと“元WBO世界ミニマム級の王者”なんです。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

そんな山中さんも自ら商品開発に携わったというおにぎりの種類は全部で23種類。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

なかでもおすすめの具材は『乱王醤油漬け』(300円・税抜)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

濃厚な黄身が特徴の大分県産“蘭王”を4日間ダシ醤油に漬け込んだものが使用されています。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

お米は山形県産“つや姫”を使用。程よい粘り気と甘みが特徴です。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

他にも、たらことバターの相性がぴったりな『たらこバター』(350円・税抜)や……、

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

『牛しぐれ』(400円・税抜)も人気です。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

おにぎり以外にも、ファンが多いという名物メニューは『鶏つくね』(280円・税抜)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

軟骨入りの国産鳥もも肉が使用されており、風味を出すためにゆずやおろし生姜なども加えられています。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

団子状にしたら、ヘルシーにするため一度熱湯で茹でてからおでんダシの中へ。軟骨のコリコリした食感が楽しめます。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

お店は、JR・北新地駅から徒歩5分。特に『鶏つくね』は無くなり次第終了のため、お早めに!

<店舗情報>
おにぎり竜
住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-16 クリスタルコートビル103号
最寄駅:JR『北新地駅』
電話番号:06-6131-7717
営業時間:18:30〜27:00ごろ
定休日:日曜・祝日

 

■2:最高級の希少鷄「シャポーン鷄」が堪能できるお店『北新地 わっぜ』

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

『北新地 わっぜ』は、あまり聞きなれない“シャポーン鷄”というお肉を使用しているお店。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

“シャポン”とは、フランス語で“去勢をした鶏”のこと。フランスでは、最高級鶏肉として七面鳥よりも高値で取り引きされているんだとか。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

日本でも、10年ほど前に“シャポーン鹿児島鷄”として飼育されており、臭みのない霜降りの肉質が特長です。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

なかでもおすすめが『シャンポーン鶏もも肉たたき』(1,000円・税抜)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

上質な脂が乗ったシャポーン鷄は、バーナーで炙ることで鶏の旨味がより引き出されるんだそう。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

九州の甘口醤油につけていただくと、肉の甘みが醤油の味に勝るほど強く、とっても美味しいんです! 臭みのない、上品な味わいは感動的なほど。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

もっと贅沢に味わいたい方は、『シャンポーン鶏しゃぶしゃぶ』(1人前 4,000円・税抜)がおすすめ。シャポーン鷄の“胸肉”と脂ののった“もも肉”の盛り合わせです。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

こちらは、昆布と鰹のだしベースに季節のキノコがたっぷり入ったつゆでいただきます。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

胸肉は、さっぱりした味わいなのに旨味が強く絶品。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

もも肉は、ハリがありプリプリとした食感で絶品!

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

お店はJR・北新地駅から徒歩1分。完全予約制なので、お店に行く前は予約をお忘れなく!

<店舗情報>
北新地 わっぜ
住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-11-4 らくビル1階
最寄駅:JR『北新地駅』
電話番号:06-6225-7114
営業時間:18:00〜23:00
定休日:日曜・祝日

 

■3:関西初!? スペインの郷土料理が人気のお店『ピルピル&生ハム専門店 LUPIN』

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

『ピルピル&生ハム専門店 LUPIN(ルパン)』。「ピルピル」とは、スペインのバスク地方のタラを使用した郷土料理のこと。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

こちらのお店では、スペインから関西初となる“ピルピルマシーン”を取り寄せたのだそう。備え付けの鍋にタラとガーリックオイルを入れたら、スイッチオン。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

低温で熱を加えながら揺らすことで、タラの旨味とゼラチン質が溶け出てきます。30分ほど揺らせば、まるでポタージュのようなスープになるんです。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

スープ状になったものを高温で焼き上げることで、タラの風味がしっかりと引き出されます。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

タラを使用したピルピルは、魚介類と相性抜群。なかでもおすすめは『天使の海老ピルピル』(1,000円・税抜)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

海老の味をしっかり感じられる味わいが、タラの風味とマッチして思わずうなるほどの美味しさ。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

他にも『タラの白子ピルピル』(1,500円・税抜)もおすすめ。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

タラの白子とピルピルはどちらもクリーミーな味わいで、口の中に濃厚な美味しさが広がりますよ。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

お店は大阪メトロ谷町線・東梅田駅からすぐ。イベリコ豚を使用した高級生ハム『セポ・デ・カンポ』(1,500円・税抜)もおつまみにぴったりです。

<店舗情報>
ピルピル&生ハム専門店 LUPIN
住所:大阪府大阪市北区曽根崎2-10-10 第2あーけるびるB1
最寄駅:大阪メトロ谷町線『東梅田駅』
電話番号:06-6809-7909
営業時間:18:00〜26:00
定休日:無休

 

お店のこだわりが光る絶品グルメ。あなたもぜひ味わってみて!(文/奥山りか)

【画像・参考】
※ 読売テレビ『かんさい情報ネットten.』(月曜〜金曜 夕方4時47分〜)

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。