せっかく泊まるなら、ちょっと変わったその土地でしか感じられない雰囲気のある宿泊施設を選びたいですよね。

2020年7⽉中旬、奈良県最古の醤油蔵を改修した古⺠家ホテル『NIPPONIA ⽥原本 マルト醤油蔵』がオープンする予定なんだそう。今回はそんな古民家ホテルをご紹介します。

 

■奈良最古の醤油蔵が古民家ホテルに

画像:PR TIMES

「⼤和のおへそ」と⾔われる奈良盆地の中央に位置する奈良県・⽥原本。⽇本のはじまりの地である⼤和の魅⼒が凝縮しているエリアです。

画像:PR TIMES

そんな⽥原本にあるのが、1689年に創業し、1950年ごろに閉業した奈良県最古の醤油蔵元『株式会社マルト』。

画像:PR TIMES

70年が経った今、18代⽬当主・⽊村浩幸さんが、蔵に残されていた古⽂書を読み解き、改めて醤油づくりに挑戦しています。現在は醤油復活を⽬指して試験醸造を続けているのだとか。

画像:PR TIMES

蔵には古⽂書のほか、醸造場や居住棟、道具類が当時のまま残されており、築130〜140年の蔵を⼀部宿泊棟に改修したのが、今回オープンする古民家ホテル『NIPPONIA ⽥原本 マルト醤油』なんです。

画像:PR TIMES

屋敷そのものは、「⼤和棟」と呼ばれる奈良伝統の建築様式がそのまま残っているのだとか。屋敷内には宿泊棟のほか、醤油のしぼり体験ができるプログラムや醤油をつかった料理を楽しめるレストランもありますよ。

画像:PR TIMES

さらに、周辺の畑では⼤⾖や⼩⻨などの醤油の原材料が育っているところも⾒られ、季節によっては収穫にも参加することができるかも! 醤油醸造の⽂化を知る良い機会にもなりますね。

 

■ホテルだけじゃない!魅力満載の周辺地域

画像:PR TIMES

地域には『マルト醤油蔵元』だけでなく、⽇本最古とされる⼤神神社の別宮『村屋神社』や2200年前にあった弥⽣時代の環濠集落である国史跡唐古『鍵遺跡』、邪⾺台国説がある『纒向遺跡』など、観光スポットがたくさんあります。

画像:PR TIMES

さらに、三輪⼭や⼆上⼭などの原⾵景を望むことができます。

<施設情報>
NIPPONIA ⽥原本 マルト醤油
住所:奈良県磯城郡⽥原本町伊与⼾170
最寄駅:近鉄『田原本駅』

 

予約は2020年5月中旬からを予定している『NIPPONIA ⽥原本 マルト醤油』。あなたも日本のはじまりの地で奈良の魅力を再発見してみてはいかがでしょうか?(文/藤田真奈)

【画像・参考】
※ 「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」開業。奈良最古の醤油蔵がホテルに – PR TIMES

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。