何度訪れても飽きない、魅力満載の観光地・京都。せっかくなら宿泊施設も、京都を感じられたらさらに満足できそうですよね。

そんなときにおすすめなのが、2020年4月にオープンした『KéFU stay&lounge(ケフ ステイアンドラウンジ)』。新型コロナウイルスの影響で規模を縮小して営業していましたが、6月1日(月)より本格的に始動したとのこと! ディープな京都を存分に感じられる、宿泊施設をぜひチェックして!

 

■ゆったりとした京都の「いつも」を感じられる特別な空間

画像:PR TIMES

「いつもの京を、特別な今日に」がコンセプトの『KéFU stay&lounge』。繁華街ではなく、歴史と情緒が残る土地・西陣にあり、静かな京都の日常を感じることができます。

画像:PR TIMES

また、“三度目の京都”の楽しみ方を伝えるこちらでは、カフェラウンジ内にある大きな壁面地図に最新情報をアップデートし続け、ゲストと京都をつなげる手助けをしてくれています。係の人に相談しながら、のんびり散策計画を練ることもできますよ!

 

■あたたかいサービスで癒される

『KéFU stay&lounge』にはさまざまなあたたかいサービスや企画が用意されています。

画像:PR TIMES

ハイセンスなハンドアウトは、周辺のマップがわかりやすく載っていてお散歩のお供に◎。コンパクトでおしゃれなデザインなので、持っていても観光客感が出ないのが素敵♡

画像:PR TIMES

地元の食材を使ったモーニングやカフェは、どこか趣のある人気のあんバタートーストやシンプルな卵かけごはんなどが楽しめます。カフェラウンジのモーニングは、7時30分から利用できるので、出発前に優雅な朝食を楽しんでみてください。

画像:PR TIMES

ほかにも、カフェラウンジの片隅には、京都・一乗寺の人気書店『恵文社 一乗寺店』が選書した100冊の書籍がずらりと並んでいます。館内貸出も行われているので、客室でゆっくりと読書を楽しむこともできますよ!

 

■さまざまなシチュエーションで利用できるハイセンスな客室

画像:PR TIMES

こだわりは、客室や施設内の家具にも! シンプルでスタイリッシュな『STANDARD TRADE.(スタンダードトレード)』の家具たちはどれもおしゃれで、どこかあたたかみのあるものばかり。

画像:PR TIMES

大きなベッドは寝心地がよく、次の日の旅行計画を考えたり、リフレッシュしたりするのにぴったり!

画像:PR TIMES

また、アメニティも上質なものを使用しているのも魅力の1つ。『OSAJI(オサジ)』は、大人女子の肌を土台から作り上げてくれる近年注目のコスメブランド。各水回りには、こちらのアメニティが用意されており、より肌にいいものを意識したサービスが提供されていますよ!

<店舗詳細>
KéFU stay&lounge(ケフ ステイアンドラウンジ)
住所:京都府京都市上京区五辻通千本東入上ル桐木町880
アクセス:京都市営バス『千本上立売』
電話番号:075-748-0456

いかがでしたか? いつもとは違う京都を楽しむためにぜひチェックしてみて!(文/吉村すみれ)

【画像・参考】
※ 京都・西陣から発信する地域の魅力、土地に根ざした小さな旅の提案。京都の“今日”を紡ぐ宿〈KéFU stay&lounge〉が本格スタート。 – PR TIMES

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。