日本人女性の平均身長は158cm前後。平均付近の身長だと選べる服の幅が広いものの、なんだかコーデ全体がパッとしない!と感じる方も多いのでは?

今回はannaアンバサダーで“自分軸ファッション”を提案するスタイリスト養成講座の講師・noricoさんが教える160cm台の“平均身長さん”に向けた、垢抜けコーデポイントをご紹介! ぜひ参考にしてみてくださいね。

■「なんだかパッとしない」を解決するオシャレテクニック

画像:zak/PIXTA

平均身長のお悩みといえば、良くも悪くも“普通”ということ。なんとなく服を選んでいると、毎日似たようなスタイルになってしまうことも。また、体型のウィークポイントがなにかと目立ってしまう点も気になりますよね。

(1)流行りをうまく取り入れる

着回ししやすいアイテムを持っていると、街で同じようなコーデの人を見かけた……なんてこともありますよね。

画像:Instagram(@ylewen_)

夏の定番の組み合わせ、Tシャツ×パンツのスタイルに飽きてしまった方は、シースルー素材のトップスで上手に抜け感を抑えてみて。重ね着をすれば秋からも活躍するので、持っておきたいアイテムの一つです。色の主張が強くないので、いつもは取り入れない色に挑戦できることも◎。

画像:Instagram(@ylewen_)

出番が多かった夏のノースリワンピも、ニットを重ねれば秋も大活躍♡ バックスタイルがかわいいと、他の人と差がつくポイントになりますよ。

(2)素材選びにメリハリをつける

画像:Instagram(@ylewen_)

毎日のコーデに抑揚がないと感じる方は、素材選びに注目してみて。とろみのある素材や、カジュアルなリネン、抜け感のあるシースルーなど、その日のシーンに合わせて素材を選ぶと一気にメリハリがつきます!

異素材を組み合わせてみるのもおしゃれ上級者のコツ。大人の女性ならではの色気が出るサテンは、あえてカーデを重ねると普段使いもしやすくなります。

(3)体型の隠したいところ出したいポイントを知る

画像:Instagram(@ylewen_)

二の腕やお腹、首の長さがや肩の張りが気になるなど、ウィークポイントは人によってさまざまですよね。平均身長さんは、そんな身長以外の体形ポイントが目立ちやすいという特徴が。

画像:Instagram(@ylewen_)

二の腕が気になる方はパフスリーブ、首の長さが気になる方はデコルテが見える服を選ぶなど、自分でウィークポイントを隠す服を知っておけば、似合う服を選びやすくなります!

いかがでしたか? 今回コーディネートを紹介してくれたのは、スタイリストのnoricoさん。noricoさんのInstagramでは、他にも参考にしたいコーディネートがたくさん紹介されているので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡(文/anna編集部)

【画像】
※ Instagram(@ylewen_)
※ zak/PIXTA(ピクスタ)