季節外れの暑さも落ち着き、いよいよ本格的な冬が到来。寒い日には温かい料理が恋しくなりますよね。

今回は、京都にある韓国料理『ピョリヤ』のオーナーシェフを務める星野明香さんに簡単にできる韓国料理を教えていただきました。

■料理の基本となるお出汁

画像:星野明香

料理の基本となるお出汁は昆布(1つかみ)、いりこ(2つかみ)、お湯を2リットルの容器に入れて一晩置いておくだけ。こうしておくとしっかり味の濃いお出汁ができるのだそう。

■1:スンドゥブチゲ

画像:星野明香

日本でもメジャーな韓国料理のひとつ『スンドゥブチゲ』。今回はおぼろ豆腐を使いますが、絹豆腐でも◎。

<材料>(2人分)

豚バラ・・・60g
あさり・・・180g
おぼろ豆腐・・・200g
ニラ・・・適量
だし汁・・・300cc
薄口しょうゆ・・・小さじ1  1/2
コチュジャン・・・大さじ1  1/2〜2
粉唐辛子・・・小さじ1
ニンニク(潰す)・・・1片
ごま油・・・小さじ1/2
たまご・・・2個

<作り方>

画像:星野明香

(1)ごま油(小1/2)、ニンニク(1片)を弱火で加熱する。
(2)豚肉(60g)を炒め、粉唐辛子(小1)、薄口しょうゆ(小1  1/2)を加える。

画像:星野明香

(3)だし汁(300cc)を入れて中火で加熱、沸騰してきたら火を弱めて5分
(4)コチュジャン(大1  1/2)を溶かす。
(5)おぼろ豆腐(200g)、あさり(180g)を入れる。

画像:星野明香

(6)あさりの口が開いたら火を止め、たまご(2個)、ニラ(適量)を入れて完成。

■2:お肉と豆腐のおつゆ

画像:星野明香

韓国のおうちでは定番料理という『お肉と豆腐のおつゆ』。

<材料>(2人分)

牛肉(切り落とし)・・・80g
大根・・・2〜3cm(70g)
豆腐・・・中1/2丁(100g)
ネギ・・・適量
だし汁・・・500cc
薄口しょうゆ・・・小さじ2
ニンニク(潰す)・・・1片
ごま油・・・小さじ1

<作り方>

画像:星野明香

(1)ごま油(小1)、ニンニク(1片)を弱火で加熱する。
(2)香りがたってきたら牛肉(80g)、大根(2〜3cm <70g>)を炒める。

画像:星野明香

(3)だし汁(500cc)を入れ、沸騰したら火を弱め10分煮る。

画像:星野明香

(4)豆腐(中1/2丁(100g))、薄口しょうゆ(小2)を入れ、ひと煮立ちしたらネギ(適量)を加えて完成。

■3:牡蠣と豆腐のスープ

画像:星野明香

『牡蠣と豆腐のスープ』は、見た目はお吸い物のようですが、ニンニクと鷹の爪が効いた一品。

<材料>(2人分)

生牡蠣・・・中8粒くらい
豆腐・・・中1/2丁(100g)
三つ葉・・・適量
だし汁・・・400cc
薄口しょうゆ・・・大さじ1
ニンニク(潰す)・・・1片
鷹の爪・・・1本
ごま油・・・少々

<作り方>

画像:星野明香

(1)だし汁(400cc)、ニンニク(1片)、鷹の爪(1本)を入れる。

画像:星野明香

(2)沸騰してきたら豆腐(中1/2丁(100g))を加え弱火で加熱。

画像:星野明香

(3)生牡蠣(中8粒)、ごま油(少々)を入れる。

画像:星野明香

(4)弱火のまま1分加熱し、三つ葉(適量)をのせて完成。

どのスープもご飯を加えるとクッパに! ぜひお試しあれ。

(文/anna編集部)

【画像】
※ 星野明香