普段何気なく暮らしていても、実は何もしていないと姿勢はだんだん悪くなってきてしまいます。

そこで今回は、annaアンバサダーで神戸にあるヨガスタジオ『yoga i.um』でヨガ指導者を務める植田真由さんに、日常生活で簡単にできるヨガポーズをご紹介していただきました。

■まずは自分の重心を知る

画像:anna

まずは自分の重心についてしっかり知っていきましょう。重心が前に出ていたり後ろに反れていたりすると、それだけで姿勢の悪さに繋がってしまいます。

画像:anna

ちなみに正しい姿勢はこちら。上からつるされたような感覚をまず感じるために、前後に体を揺らして真ん中の重心を探りましょう。

画像:anna

足のかかととつま先を軸に前後に揺れてバランス感覚を感じていくと、徐々に自分の重心を知ることができるのだそう。

■姿勢に最も重要な筋肉って?

(1)腸腰筋

画像:anna

姿勢改善に最も重要といわれている“腸腰筋”は、上半身と下半身を繋げる筋肉でお互いが引っ張り合う姿勢を保つことが姿勢改善につながるのだそう。

画像:anna

そんな腸腰筋を鍛えるには、しっかり股を腰の位置まで引き上げながら、両脚を順番に上げていきます。あまりかかとを持ち上げると、太ももに負担がかかってしまうのでフラットにしておきましょう。

(2)中殿筋

画像:anna

“中殿筋”とはお尻の筋肉で、インナーマッスルを指します。お尻を引き締めるだけでも効果的ですが、もっと効果を感じたい方はヨガを取り入れましょう。

画像:anna

片脚を少し後ろに下げ、外側に向かって脚を動かしていきます。バランスが取れないという方は、壁に手を置いて行ってもOK。できる範囲で毎日継続して行いましょう◎。

(文/吉村すみれ)

【画像・参考】
※ anna