公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏の連載、今回は「世界の食と栄養のトレンド」

 Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。通常は食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。2020年初回となる今回は「世界の食と栄養のトレンド」についてお届けする。

 ◇ ◇ ◇

 今回は2020年の最初の連載回ということで、スポーツと少し離れ、世界の食と栄養のトレンドについてお話しましょう。

 今年の世界の食と栄養のトレンドワードは、2019年から引き続き“Plant based(プラント・ベースド)”と“食品ロスの削減”です。

 Plant basedについては過去に本連載でも触れていますが、“食品ロス”と比べると、一般的にはまだまだなじみのない言葉だと思います。簡単に説明すると、「動物性食品の代わりに、肉の代用品や精製されていない穀物、豆や種実、野菜や果物などの植物性食品を積極的に取り入れましょう」という食生活のことです。

 2015年に国連で持続可能な開発目標(SDGs)が決められて以来、主にアメリカやヨーロッパの一部では認識されていたPlant basedという食生活。2020年には先進国を中心に一般的に広がる段階を迎え、近い将来、標準になっていくと考えられます。

 欧米各国で高まっている「Meatless運動」で特に目立つのは、環境破壊という点で問題視されている牛肉の消費量を削減する取り組みです。例えば、肉の使用量を減らしたハンバーグ。日本ではひき肉に豆腐を混ぜたハンバーグは家庭の食卓でも当たり前に食べられていますが、欧米ではひき肉にマッシュルームを加えたハンバーグがFlexitarian(フレックシブル+ベジタリアンからくる造語:柔軟な菜食主義者)の間で大人気。

 また、従来からある豆腐や納豆、テンペといった大豆・大豆製品だけでなく、金時豆、ひよこ豆、アーモンド、スピルリナ、ヘンプシード、キヌア、アマランサス、チアシードなどなど、さまざまな植物性タンパク質の食品やサプリメントも増えていくとみられます。

 日本でも東京オリンピックをきっかけに、ベジタリアン/ビーガンのレストランや、ベジタリアン/ビーガン料理を出す店も増えることは間違いありません。また、選手村では、国内の選手が海外のトップアスリートの食事を目の当たりにできることもあり、彼らの食事の方法を取り入れる日本のアスリートたちも増えるでしょう。そのなかで、植物性たんぱく質への注目も、より高まっていくのではないでしょうか。

「海外の食のトレンドから見えてくること」とは

 さて、世界の食環境が大きな転換期にある今、アメリカでは子どもの食事についても見直す動きが高まっています。アメリカのミレニアル世代の親は、レストランやスーパ、冷凍食品やチルド食品などを開発する食品メーカーに対し、フライドポテトやチキンフィンガー(鶏の揚げ物)など、昔ながらの定番といえる食べ物から、もう少し洗練され、かつ体に良い食材を使ったメニューの開発を望んでいるとのことです。

 例えば、寿司バーやオーガニックチキンを使ったナゲットや発酵食品、素揚げした鶏やサーモン、白身魚(衣を付けずに揚げることでカロリーが抑えられる)、ほうれん草やかぼちゃなどの野菜を練り込んだカラフルなパスタなどなど。子どもたちの食事体験を豊かにし、健康的で、かつ子どもの味覚にあった食品が、今後増えていくと予測されています。

 海外の食のトレンドから見えてくることは、誰もが食べたいものを食べたいだけ口にするのという、これまでの飽食型の食生活からの卒業です。自分自身や家族の健康のため、また、環境保護のためにも、一人ひとりが食生活を見直す時期にきていると思います。(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

長島 恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。