百戦錬磨の名将エディー氏が語るリーダー、組織論

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で準優勝したイングランドを率いたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)。2003年大会以来2度目の優勝こそならなかったが、イングランドにとっては自国開催で1次リーグ敗退に終わった2015年大会の悪夢を振り払う快進撃は、日本大会のハイライトだった。前回大会では日本代表のHCも務め“ブライトンの奇跡”を演出し史上初の大会3勝をもたらした、日本でもお馴染みの世界的名将が「THE ANSWER」の単独インタビューでリーダー論、組織論を語った。

 リーダーに求められる資質、良いリーダーになるためには何が必要か。強い組織とは一体――。最前線でチームをけん引し続けてきた名将は良いリーダー、強い組織をどう作り上げてきたのか。スポーツだけでなく、組織の中に身を置くビジネスパーソンにとっても必見です。

 ◇ ◇ ◇

「ONE TEAM」という言葉が流行語大賞を受賞したように、全員の力を結集させて掴み取った日本代表の8強入り。誰か一人欠けても成しえなかった快挙だが、そのチームをまとめ上げたリーダーの存在は特に大きかった。キャプテンを務めたリーチ マイケル。前回大会からよく知るエディー氏も、その役割の大きさに声を大にする。

「ラグビーは複雑なスポーツです。さらに、グラウンドに出てしまえば、コーチの影響力は非常に少なくなってしまいます。というのも、コーチはスタンドから見ているので、グラウンドに出て指示することはできません。だから、キャプテンがコーチの代わりになるわけです。

 何かが起きた時、どういう決断をすればいいのか、正しい決断は何なのか、瞬時に選手を納得させられなければなりません。1分以内に決断をしてチームを納得させる、最適な決断ができる能力が必要です。いいセールスマンでなければいけません。結束力も必要です。リーチはそういったことができる上に、自分が見本となって仲間に見せてくれます。体を張ってチームのために戦ってくれます。そうすると、他の選手たちもついてきますよね」

 いいキャプテン、いいリーダーとは「いいセールスマン」――。グラウンド上のコーチとしての瞬時の判断力に加え、実践もできる。ビジネスシーンにおいても間違いなく重宝される存在だと断言する。

 エディー氏もこれまで指導者として、自身の右腕としてのキャプテンを何人も選んできた。では、最重要視するものは何か。

「技術よりも性格が一番大事ですね。他の選手にどれだけ影響を与えられるのか。性格もそうですし、周囲との関係をどれくらい作れるのか、それができる能力があるのかどうかが大事です」

エディー氏はリーチ マイケルを「いいセールスマン」と語った【写真:Getty Images】

突然できた部下をどうマネジメントすればいい?

 突然、部下ができた。今までがむしゃらに突き進んできた立場だったが、マネジメント能力も求められるようになった。どう振る舞えばよいのか――。そんな悩みを抱えるビジネスパーソンへの、アドバイスをエディー氏に求めた。

「まずは、すでに優れているリーダーを観察することです。ラグビーを例にとりますが、例えばリーチが試合前の練習や試合中にどう振る舞っているのか。さらに、試合後にメディアに向けてどんな話し方をしているのか。または、いいコーチを観察することも大切です。

 他者から学ぶ、ということです。観察をして、いいリーダーから学びを得て、自分ではどうしていくのかを考えながら進めていくことです。他者から学びながらも自分のやり方で進めていかないと、他者をリードしていくことはできません。人にはそれぞれ違うやり方がありますから」

 お手本となるリーダー像を参考に、自身がどうしたいかを考えながらカラーを打ち出していく。裏を返せば、他人の真似事だけでは真のリーダーにはなり得ないということだ。

 もう少し組織が大きくなれば、より大局的なマネジメントが必要となる。例えば、若い才能とベテランを同じ組織でどう活用していくのか。エディー氏は2015年の日本、今大会のイングランドと、うまく融合させてまとめ上げた。

「若い選手を育てながら勝つためにも、経験のある選手が必要です。彼らは負けた経験も勝った経験も持っています。勝たないといけない時は何をするべきか、良く分かっています。ベテランが先生の役割をして若い選手を育ててくれます。そして若い選手たちはやる気やエネルギーをチームにもたらしてくれます。その経験とエネルギーを総合すると、すごくいい、強いチームになるわけです。

 勝つためのメンタリティーも受け継がれていきます。選手たちが教えるのがベストでしょう。例えば、姫野がリーチと一緒にプレーをします。リーチとプレーをするたびに、彼には学びがあるわけです。どうやって試合に向けて準備をしているのか、試合中にはこうやっている、試合後はこうやっている……。全てが学びになります。本当にいい選手になりたかったら、リーチから学んで、そして自分はどうするべきかを考える。そうすると自分のルーティンが生まれるわけです」

チームの歯車がずれ始めたときに、どうナビゲートできるかがリーダーの手腕

 チーム内でのヘルシーな競争は組織力を高めるのは間違いない。一方で、人間関係のこじれ、個々の性格の不一致など、ひずみは必ず出てくる。競争原理が間違った方向に働き、足の引っ張り合いになると、組織としての発展どころか後退につながってしまう。どう対処すればいいのだろうか。

「チームというものは上手く歯車がかみ合う時と、合わない時とが必ずやってきます。状況は常に行き来している。ヘルシーな状態に向かって動いているか、ヘルシーではない状態に向かっているか、そのどちらかです。チームのダイナミズムという観点では。チームの歯車が噛み合いはじめた時には、その裏ですでに問題が生まれ始めています。それを解決しつつ進んでいく。でも、問題や課題はつきもの。必ずついて回るものです。そこをいい方向にナビゲートするのが一番難しいところです」

 うまく回っているように見える時こそ、何らかの問題が発生しているのだと指摘。だからこそ、早めの対処、適切な修復がカギになるのだと百戦錬磨の名将は強調する。

「チームは古い車のようなものです。何かを直していると、次の問題が出てきます。でも、観察しながら対処していけば、大きな問題にならずに走り続けてくれる。勝てば勝つほど、自己満足が大きくなり近くに寄ってくる。自己満足の思いは多かれ少なかれ、常にあるものです。負ければ負けるほど、不安に襲われる。その2つのバランスが大事。古い車に息を吹きかければ問題が解決するということではありません。

 これはどんなビジネスにも当てはまります、人生そのものです。W杯でイングランドは決勝まで進みましたが、優勝はできませんでした。ということは、我々に問題があったということです。その問題を見極めることができませんでした。日本も勝ち続けたけれど、準々決勝で負けてしまった。何か問題があったということです。もちろん、場合によってはチームが万全でも負けることはあります。それでも、そこに向かうまでのより良いやり方があるのです。乗り越えるためには、それぞれの分野に集中して取り組むことなのです」

 あらゆる箇所にガタのきている古い車。一度止まってしまえば2度と走り出せないような車を、どうハンドルを切って巧みに走らせるのか。それこそが指導者、リーダーに求められる役割だとエディー氏は考えている。(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)