WBSS決勝、ダウンシーンに米リング誌が疑問「ドネアはレフェリーに助けられた」

 昨年11月7日に行われたボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦で各国メディアから「年間最高試合」に選出されたWBAスーパー&IBF王者の井上尚弥(大橋)。米専門誌「リング」最新号でも2019年度の表彰を改めて特集。同誌でも年間ベストバウトに選出された「ドラマ・イン・サイタマ」で“幻のKO劇”が再び脚光を浴びている。

 世紀の名勝負となった頂上決戦の余韻はいまだ冷めやらず――。「ボクシングの聖書」と呼ばれるリング誌は3月号の表彰企画で壮絶なWBSS頂上決戦を振り返った。

 井上優位の下馬評から一転、2回に「閃光」の異名を持つドネアの左フックを被弾し、鼻骨と眼窩底骨折のアクシデントに見舞われた井上。ドネアが二重に見えるというアクシデントとなったが、試合をリングサイドで取材した同誌のトム・グレイ記者は井上のインテリジェンスに改めて注目している。

「26歳は雷のような打撃力とフィニッシュ能力で有名だが、リング上で凄まじい技術の持ち主でもある。序盤はそれを見せつける時だった。モンスターがスキルスターになった」

 記事ではこう評価。ドネアのカウンターを受けない角度からジャブと鋭いコンビネーションを繰り出した井上の技術力を絶賛している。そして、11回に起きた“幻のKO劇”に注目している。「右のアッパーカットから肝臓へのどう猛な左フック(ボディー)はイノウエのキャリアで最高の戦略的な動きだった。試合終盤にベテランのエンジンを直撃したのは意図的だった」と記事では分析。ドネアからこの試合唯一のダウンを奪った左ボディー。直撃させた戦略性を改めて評価している。

ダウンしたドネアは「長いカウントの利益を享受した」

 だが、その後に波紋を呼ぶシーンがあった。「痛みが走った。ドネアは膝をつく前に少しジョギングした。彼はレフェリーのルイジ・ボスカレッリに助けられた。彼(レフェリー)は理解不能なことにイノウエのフィニッシュの試みを妨害したのだ」

 追撃を狙う井上とダメージに耐えるドネアの間に体を入れたボスカレッリ氏の判断に対し、記事では疑問符を付けている。そして「リングサイドとテレビから、ドネアは長いカウントの利益を享受したように見えた」と指摘している。

“幻の10カウント”に助けられた格好となったドネアだが、5階級王者の意地を最後まで見せつけた。判定決着となったが、世界中のファンに感動を与えた死闘。「リングサイドにいられたことは栄誉だった。人生で生で見た最高のファイトだった」。グレイ記者は最後に名勝負を演じた2人のチャンプに最敬礼を送っていた。(THE ANSWER編集部)