大坂なおみがインスタグラムで公開、セリーナ、ナダル、ジョコビッチも登場

 女子テニスの世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)がインスタグラムを更新。テニス界のスーパースター12人が集まった超豪華な集合写真に「王様と女王たち」などとファンの反響が集まっている。

 テニス界の世界有数のトッププレーヤーが1枚に納まった。一番左には帝王ロジャー・フェデラー(スイス)。大坂は上が紫色、下が黒のウェアをまとって微笑んでいる。ど真ん中には上下黒のウェアを着たセレーナ・ウィリアムス(米国)。右端にはノバク・ジョコビッチ(セルビア)とラファエル・ナダル(スペイン)の姿も。スタンドを埋め尽くした観衆に後ろから見守られながら、全員が肩を組み、カメラ目線で笑みを浮かべている。

 男子の3強が集まるだけでも凄いが、女子のトップ選手も集結。大坂は文面に「Today」と記して投稿すると、ファンからは驚きのコメントが相次いでいる。

「王様と女王たち」
「これはクレイジーだ」
「最高だったね」
「たくさんのレジェンドだ」
「テニスの王族」
「心の底からありがとう」
「ワァオ、この写真には大きな価値があるね」
「あなたとセリーナは同じポーズだ」

 大規模な森林火災が続くオーストラリア。4大大会今季初戦の全豪オープン会場で、被災支援を目的としたチャリティーマッチが開催された。イベントには上記のメンバーのほかに、ニック・キリオス(オーストラリア)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、ドミニク・ティエム(オーストリア)、キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、ペトラ・クビトバ(チェコ)、コリ・ガウフ(米国)、ステファノス・チチパス(ギリシャ)が参加。絆を深め、ファンを魅了した。

 スーパースターが支援のために力を合わせた様子がうかがえる1枚。普段は敵として戦うが、今回は心を一つにしたようだ。(THE ANSWER編集部)