フィギュアスケート界の早すぎる世代交代、名伯楽のアルトゥニアン氏が持論

 次々と新星が顔を出すフィギュアスケート界。ロシアでは平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)の一時的な活動休止が話題になるなど、17歳の若さで世代交代を突きつけられていた。そんな中、ロシアの名伯楽が年齢制限の引き上げを提言。同国メディアが報じている。

 低年齢化が指摘されているフィギュアスケート界。「『使い捨てのチャンピオンは要らない』、フィギュアスケートのコーチが新世代スケーターを使い捨てカップに例える」と記事を掲載したのは、「russian.rt.com」だった。語ったのはロシアの名伯楽ラファエル・アルトゥニアン氏。年齢制限の引き上げについてこう話している。

「使い捨てのプラスチックカップでコーヒーを飲むのは好きじゃないんだ。陶器で飲むのとは味が違うだろ。チャンピオンが使い捨ての状態になるのも同じで、自分はそれが嫌なんだ」

 ミッシェル・クワン、浅田真央、ネイサン・チェン、本田真凜らを指導してきたアルトゥニアン氏。若くして成功したスケーターを「使い捨てのプラスチックカップ」と例え、女子シングルスにおける年齢制限引き上げの必要性を主張している。記事では「女子スケーターは『よくトレーニングされて、なお且つ健康的』な肉体を持った状態でシニアの大会に出場すべきと同コーチは指摘」と記し、思春期を過ぎてからシニアに参戦するべきだと強調しているという。

 フィギュアスケート界では、15歳のアレクサンドラ・トルソワとアンナ・シェルバコワ、16歳のアリョーナ・コストルナヤというロシアの天才少女3人が台頭。次々と若い選手が台頭し、ザギトワは活躍の場を失った。

現行は15歳でシニアに出場可能、同メディア「短命化に繋がっている」

 年齢制限の変更は、これまで度々議論されてきた話題。現行の規定では、前年の7月1日時点で15歳になっていればシニアの大会に出られるが、同メディアは「それが結果的にプロキャリアの短命化に繋がっている」と指摘。ロシア誌「ボリショイスポーツ」に語った内容を引用する形でアルトゥニアン氏のコメントを紹介している。

「年齢制限は引き上げられるべきだ。スケーターとコーチはシニアの大会参加が可能なタイミングになったところで、よくトレーニングされて尚且つ健康的な肉体を手にするのはこれからだと分かるだろう。それはフィギュアスケートにとってなくてはならないもので、乱暴に扱われるべきではないんだ」

 持論を展開した同氏。ルールが変更される日は来るのだろうか。(THE ANSWER編集部)