4月のバンタム級ビッグマッチ、フィリピンメディアが注目

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで拳を交えることが濃厚となっている。フィリピンメディアは無敵のモンスターに対し「獰猛な乱打戦は間もなく」と注目している。

 モンスターのベガス上陸戦について米メディアが次々に報じる中、カシメロの母国メディアもこの試合の注目度の高さを伺わせている。「カシメロとイノウエが獰猛な乱打戦は間もなく」と特集したのはフィリピンメディア「ラプラー」だった。

 記事では昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で元5階級制覇王者ノニト・ドネアに井上が見せた死闘を振り返っている。

「イノウエは埼玉でフィリピンの閃光、ノニト・ドネアの過酷な挑戦を生き抜いた。WBA世界王座を文句なしの判定で防衛し、2019年の年間最高試合に選出された。彼は19戦無敗で16KOを記録しているが、眼窩底骨折を負った。ドネアのような高度なディフェンス能力を持つパワーパンチャーに脆弱性を露呈した」

カシメロは「イノウエに多大な問題をもたらす」

 レジェンドによる閃光の左フックを2回に被弾した井上は、キャリア初となる流血のアクシデントを迎えた。鼻骨と眼窩底も骨折していたが、記事ではドネアに脆さを垣間見せたと分析している。

 29勝(20KO)4敗でKO率60.6%のカシメロ。特集では母国の誇る30歳のボクサーの強さを紹介している。「カシメロもまたプレッシャー(をかける)タイプのファイターで容赦ない強打の持ち主。イノウエに多大な問題をもたらすことができる。オルモク市の誇りはゾラニ・テテを3回に料理したことで、エリートファイターであることを証明した」としている。

 カシメロは果たしてモンスターを追い詰めることができるのだろうか。(THE ANSWER編集部)