147cmのリウ、表彰式で真ん中に登れず…米記者「去年と同じ光景である」

 フィギュアスケートの全米選手権は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の14歳アリサ・リウが160.12点をマークし、合計235.52点で連覇を飾った。圧巻の演技も去ることながら、話題を呼んだのは表彰式。147センチの少女は表彰台の真ん中が高くて登れず、2、3位の選手に手助けしてもらって登壇した。実際のシーンを米名物記者が画像付きで公開すると「なんてキュートな瞬間なんだ」と反響を呼んでいる。

 演技はシニア顔負けでも、体はまだまだ14歳の少女だ。表彰式、最後に名前を呼ばれたのはリウだった。スポットライトを浴びるべく歩み寄ったが、ここで思わぬハプニングが。1位の台が高く、147センチのリウがスケート靴を履いて登れそうもない。すると、次の瞬間だ。

 すでに台の上にいた2位のマライア・ベルと3位のブレイディ・テネルが歩み寄り、手を貸してリウを引き上げてあげたのだ。演技では4回転ルッツを決めるなど、圧巻の演技を披露していた14歳に訪れたなんとも微笑ましいシーンに対し、会場も温かいムードに包まれていた。

 実はこれは史上最年少優勝を飾った昨年も起きていたシーン。今年も再現する形となり、ジャッキー・ウォン記者は自身のツイッターに画像付きで投稿した上で「去年と同じ光景である。アリサ・リウは表彰台のトップに上がるためにブレイディ・テネルとマライア・ベルの力を借りた」とレポートした。

 すると、海外ファンからも「恥ずかしいことじゃない! なんてキュートな瞬間なんだ」「自力で登るには彼女にとって大きいのね」「みんなどこからともなく生まれるドラマが好きなんだよね」とコメントが続々。表彰台で起きた思わぬシーンに心を奪われた様子だった。(THE ANSWER編集部)