19年前のコービー氏とそっくりと話題のダンクに言及「俺の体に乗り移った」

 米プロバスケットボール(NBA)、レイカーズの“キング”ことレブロン・ジェームズは6日(日本時間7日)のロケッツ戦でリバースジャム(後ろ向きダンク)を炸裂。驚異的な跳躍力で決めたダンクを捉えた“空飛ぶ写真”が反響を呼び、さらに19年前の同じ会場、同じ展開で故コービー・ブライアント氏が決めたダンクと一致していることがファンの間で話題に。米メディアが2つを比較した動画は再生2600万回を突破していたが、本人は意図的ではなかったと説明。粋なコメントを発している。

 レイカーズの2人が“奇跡の一致”を果たしていた。6日のロケッツ戦、速攻からフリーの状態でパスを受けたレブロンは1度ボールをつくと、ゴール右側から跳び上がり、ゆりかごムーブ付きのリバースジャムを炸裂。会場を騒然とさせた。これが19年前にコービー氏が決めた一撃とそっくりだったとして、米国で大きな話題となっている。

 同じように速攻からパスを受けたコービー氏はステイプルズ・センターのコート右サイドを駆け上がり、跳び上がってゆりかごムーブ付きのリバースジャムを披露。どれを取ってもレブロンが演じた一撃とうり二つ。レイカーズ公式ツイッターは「19年の時を経て、同じ場所で、同じバスケの試合で、同じダンクを」と題し、2人の比較動画を公開した。

 通常のカメラ映像にゴール上部のカメラ映像で比べているが、“完全に一致”状態に。目の当たりにした米ファンも「偶然だなんて信じられない」などと声を上げ、再生回数は2600万回を突破したが、これを受け、レブロンが反応した。米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」公式インスタグラムは本人のコメントを紹介している。

 レブロンは「『シックスマン』って映画を見たことがあるかい? コービーが自分に降りてきて、俺の体に乗り移り、あのダンクをさせてくれたってわけさ」と語ったという。「シックスマン」は97年に米国で公開された映画でポスターには6人目の選手がもう一人を引き上げ、ダンクさせるという写真。こんな状態だったという粋なコメントを出していた。

 同メディアも「レブロンの追悼ダンクは意図されたものではなかった」と投稿で説明。しかし、意図的でなかったとすれば、逆にあのプレーは偶然で生まれた一致ということになる。レブロンとコービー氏。ロサンゼルスが誇る2人の英雄は期せずして、1つのダンクで通じ合うことになった。(THE ANSWER編集部)