比嘉大吾が体重超過から1年10か月、119ポンド契約8回戦で計量クリア

 ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が12日、都内で1年10か月ぶりとなる再起戦の前日計量に臨み、リミットを0.1キロ下回る53.8キロで一発クリアした。相手のジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)は53.8キロ。ノンタイトル戦はスーパーバンタム級(55.3キロ)に相当する119ポンド(53・98キロ)契約8回戦として行われる。

 比嘉は2018年4月にWBC世界フライ王座3度目の防衛戦の前日計量で、リミット50.8キロを0.9キロ上回る体重超過を犯して王座剥奪。試合は行われ、同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)に9回TKO負けした。デビューから続いていた日本記録タイの15戦連続KO勝利もストップ。体重超過は国内の世界戦では日本人初の失態となり、日本ボクシングコミッション(JBC)からボクサーライセンスの無期限停止などの処分を受けた。

 昨年10月にJBCの処分が解除され、現在はWBC世界バンタム級7位にランク入りしている。7勝3KO4敗3分けのブエナオブラは身長168センチのサウスポー。比嘉陣営は年内の世界再挑戦を目指す意向を示している。(THE ANSWER編集部)