体重超過から1年10か月、再起戦勝利も大切な「闘争心」が蘇らない「心と体が違う」

 ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が13日、東京・後楽園ホールで1年10か月ぶりの再起戦となる119ポンド(53・98キロ)契約ノンタイトル8回戦に臨み、ジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)に6回2分25秒TKO勝ちした。2018年2月4日に故郷・沖縄で2度目の防衛に成功して以来、739日ぶりの勝利。体重超過による資格停止を経てリングに上がったが、ボクサーとして大切な「闘争心」を失っていることを赤裸々に明かした。

 比嘉は笑っていた。1年10か月ぶりのリング。過去と同じく入場時は「Conquistador(征服者)」が流れた。具志堅用高会長も現役時代に使っていた曲。2005人が集まった超満員の後楽園ホールは、復活の期待のこもった熱が充満した。リングに足を踏み入れると、熱気は急上昇。「おかえりー!」。笑みを浮かべ、右拳を突き上げて応えた。リングサイドにいる記者席から見ても、歓声を心地よさそうに受け止めているように映った。

 復活へ向けたゴングが鳴る。ガードを固めながら懐に入り込もうとした。パンチを繰り出し、敵を下がらせる。効いた瞬間にさらなる追撃を加えようと歯を食いしばって前に出た。うまくはいかない。ただ、一歩も引かず、仕留めにかかる姿は世界王者だった頃を思わせた。2度のダウンを奪って快勝。大興奮のファンとは対照的に、リング上でインタビューに応える勝者は冷静だった。

「疲れました。この試合の内容で怒らないでね。(大吾コールは)聞こえましたね。ありがとうござます。今回、いろいろ試合が決まる前、東京に来て18歳の時に世界チャンピオンになりたいと思っていた気持ちも薄れて、モチベーションがない中で(応援のおかげで)ここまで来れました」

 ちゃめっ気たっぷりで可愛げのある性格。資格停止期間を振り返り「ニート生活していた。ニート最高」とおどけて見せたが、会場のファンから「正直になれよ!」と声が響いた。「この気持ちだったらやっても意味がない。熱狂的な応援があっても本人にやる気なかったら意味がない。このままモチベーションが上がらなかったら辞めようとも思っている。今後については考えます」。少し静かになった客席は、後押しするように大吾コールを響かせた。

 リングにいたのは、かつての比嘉大吾ではなかった。「ファンも辛口コメントだと思う」と、出来の悪さは自分が一番理解している。世界王者時代より3階級上のスーパーバンタム級に相当する53.9キロ契約で臨んだ一戦。階級の壁を感じたのか。今後はどこで戦うのか。「体力を戻さないとバンタムがどうとかわからない。『体力がきつい』で頭がいっぱいいっぱい」。ファンも気になる問いだったが、答えを考える以前の問題だった。

 18年4月にWBC世界フライ王座3度目の防衛戦の前日計量で、リミット50.8キロを0.9キロ上回る体重超過を犯して王座剥奪。体重超過は国内の世界戦では日本人初の失態となり、日本ボクシングコミッション(JBC)からボクサーライセンスの無期限停止などの処分を受けていた。

 一度は引退を考えたが、周囲の勧めもあり練習再開。王座剥奪から約半年後には、親交の深いWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)の海外合宿に参加したこともあった。だが、最大68キロまで増えた体は思うように動かない。贅肉が鉛のようにへばりついた。

比嘉は「野獣」の姿を取り戻せるのか【写真:浜田洋平】

複雑な胸中吐露、出来が悪くても「悔しくない」「緊張感がない」

 階級を上げることなどを条件として昨年10月にJBCの処分が解除。1年10か月ぶりの試合が決まり、また戦う舞台が整った。トレーナーは友利正氏に変更。約60キロまで体重を戻し、久々に本格的な減量をスタートさせた。再び踏み入れた過酷な道。失った時間を取り戻すように汗を流したが、大切なものが心に宿ることはなかった。

「やる理由がわからないと思いながら練習していた。試合前から何の思いもなく来たので今の結果。試合って感じがしなかった。緊張感がないし、何もない。試合中はマジできついと思って後悔した。やばいと思って、1ラウンド続けられるのかなと。ただの力不足です。

 ボクシングはそんなに甘くないですよ。試合をしたらこのざまですから。とりあえず勝ててよかったけど、今回は自分の意思でここまで来られたわけじゃなかったし、応援が凄くてその人たちのために勝ててよかった。

 いつも緊張するけど、今回は入場からニヤニヤしてリングインまで楽しかった。それは初めて。でも、それは緊張感がないということ。それくらい試合だと思っていなかった。自分に情けなさを感じる。本気でやっていたらこれが悔しいと思うけど、悔しいってわけでもないです」

 本能を掻き立てられたように倒しにいく姿勢が垣間見えたが「気持ちと体が違う。ファンの声の大きさと一致していない」と会場の大歓声とは裏腹に、心の中は真逆だった。「(相手の懐への)入り方を忘れていて、うまくいかなかった。パンチは見えているけど、体がついていかない。練習不足というのもあります。でも、言い訳できない。それがプロなので」。仕留め損ねた場面があったことも自覚している。そして、大勢の記者に囲まれながら言葉を絞り出した。

「闘争心もないし、ただ前に出ればいいやというボクシング。手応えもないし、疲れたし、どうしようという感じ。頭も回らない。どうしたらいいかわからない。何て言えばいいんだろう」

 地道な練習、ロードワーク、過酷な減量、殴り合いへの恐怖を乗り越えなくては続けられない。そのために必要な「闘争心」が芽生えなかった。「2年も休んで『またかよ』と思われるかもしれないけど、頭を整理しないとやっていてもチャンピオンになれない。自分に期待していない部分もある。決まった試合をこなした感じ。実感がわかないし……」。今後はしばらく時間を置く可能性も示唆した。

 復帰に向けてたくさんの支えがあった。恩を返す。「それしかモチベーションはない」と練習を乗り越えてきた。「計量失敗しても見捨てなかった個人スポンサーはいるんですよ。そこに対して恩返ししたい気持ちもある。本当に申し訳ないです」。故郷・沖縄から250人の応援団が駆け付けた。地元紙の記者に思いを問われ「ありがたいですよ。だからこそ真剣に取り組まないと失礼」と言葉を紡いだ。

 前日計量直後、試合への意気込みについても「何とも思っていないですね。“無”です。試合前になると、たぶん何か出てくる。今のところは全くです」と答えていた。リングに上がれば「何か」が生まれるかもしれない。そう期待していたが、魂をぶつけるはずの時間は儚く過ぎていった。現在はWBC世界バンタム級7位にランク入り。陣営は世界再挑戦を描いていたが、今後については「わからないです。自分にもわからない」と複雑な表情を見せた。

 デビューから続いていた日本記録タイの15戦連続KO勝利。誰よりもKOが似合う男だった。世界から才能を期待され始めた2年前。「Beast(野獣)」と海外メディアに名付けられ、米国進出もすぐそこまで来ていた。「18歳で東京に出てきて夢を追っていた頃の闘争心が今の自分にはない。それは見ている人にもわかると思う。それがないとチャンピオンなんかなれない」。2年の空白は長かった。まだ24歳。じっくり考えながら、迷路の出口を探していく。(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)