2019年には日本記録を2度更新、東京五輪の出場権も獲得

 東京オリンピックの開催を翌年に控えた2019年。陸上界に2度も日本記録を叩き出した強者がいる。やり投の北口榛花(はるか・日本大学)だ。5月の木南道孝記念陸上競技大会(木南記念)で従来の記録を56センチも更新する64メートル36で日本新記録を作ると、10月の北九州陸上カーニバルでは自身の記録を1メートル以上も超える66メートル00を投げた。同年シーズンでは世界でも7位という好成績で五輪参加標準記録を突破し、東京2020へ夢を繋いだ。

 長さ2メートル以上、重さ600グラムのやりを、助走をつけて遙か彼方66メートル先の空間まで飛ばす。どんな猛者なのかと思いきや、その素顔は満面の笑みが愛くるしい21歳女子だ。フンワリとした雰囲気を持つ姿を見ると、世界の最前線を争う鋭さや厳しさのようなものは感じられない。だが、その笑顔の下には他人には想像もつかない練習の日々が刻まれている。

 故郷の北海道を離れて東京の大学に進学したり、強豪国チェコのコーチに教えを請うため単身武者修行に出掛けたり、これまでいくつもの分岐点に立ち、自身の歩む道を選んできた。その中でも一番大きな岐路となったのは高校入学後、「やっぱりやり投を始めた時かなと思います」という。

 3歳の頃からスイミングスクールに通い、小学校ではバドミントンも始めた。小中学校では水泳とバドミントンの二刀流で様々な大会に出場。地元・旭川東高に進学した後も、水泳を続けるつもりでいた。だが、身長179センチという恵まれた体格に優れた運動神経を備え持つ生徒を、各運動部の監督が見逃すはずもない。「いろいろな部活から勧誘があった」というが、中でも熱心だったのが、陸上部の顧問を務めていた松橋昌巳氏(北翔大コーチ)の誘いだった。

「普通に勉強して高校に入って、入学後は水泳を頑張ろうと思っていたんです。水泳以外の競技をすると違う筋肉がつくから良くないって言われていたので、水泳だけを頑張ろうって思っていたのに、松橋先生が誘うから(笑)。最初はずっと断っていたんですけど、来るだけでいいからって何度も誘っていただいて、いろいろお話も聞いて、やりも投げさせてもらったら、なんだか楽しくて(笑)」

将来への不安を感じながらも、北口はやり投と向き合っていった【写真:荒川祐史】

漠然と抱いていた将来への不安…「これで生きていけるのかな?」

 水泳と陸上の二刀流を始めたが、結局、高校1年生の秋に選んだのはやり投だった。入部から約2か月後の北海道大会で優勝すると、2年生でインターハイ優勝。3年生になると日本を飛び出して世界ユースで金メダルを獲得するなど大躍進を遂げた。日本大学に進んだ後は肘を故障したりコーチが退任したり、決して順風満帆とはいかなかったが、一念発起のチェコ修行。「今のままではいけない。自分でなんとかしなくちゃ」と自ら行動した結果、2019年5月の木南記念でフィールド種目の日本人選手では東京オリンピック参加標準記録突破第1号となった。

「もともとスポーツは大好きで、東京でオリンピックが開催されると決まってから、何らかの形でオリンピックに関わりたいと思っていたんです。スポーツを通じて世界に出ていきたいという気持ちがあったので、こうしてやり投に出会ったからこそ、世界のいろいろな国に行くことができて、日本だけじゃなくて世界と繋がりを持つことができた。こういう出会いを与えてくれたのは、間違いなくやり投。やり投に出会えたことが、本当に大きな転機だったと思います」

 背筋をしゃんと伸ばしながら、やり投との出会いを感謝した北口だが、こう思えるようになったのも最近の話だという。やり投を極めたい気持ちはあっても、競技を続けた先の将来がどうなるのか、まったく思い描けなかったからだ。

「やっぱり世の中に出た時、勉強って大切じゃないですか。でも、高校生の時からやり投を一番に考えて、勉強を二の次にしてきてしまったので、すごく先の人生に不安を感じていたんです。すごく(笑)。女だし、この先ちゃんと生きていけるかなって。こんなにやり投を一生懸命にやっているけど、やり投で職に就けるのかも、生活に必要なお金が稼げるのかも分からなくて、『これで生きていけるのかな?』って不安に思っていたんです」

 こういった不安は、北口に限らず、大好きなスポーツを極めたいと考える高校生や大学生なら、一度は頭をよぎったことがあるだろう。野球やサッカーなどのメジャースポーツであれば、プロという明確な目標を立てやすいが、将来のイメージが描けないスポーツが大半という現状がある。こういった不安を解消するような道を示し、サポート態勢を整えることが、競技の発展に繋がるのかもしれない。

 将来への不安を抱えながらも、競技に専念する決意をした北口に、陸上の神様は微笑んだ。2020年3月に大学を卒業する北口は、JALにアスリート採用され、4月から社会人の扉を叩く。大学生アスリートから社会人アスリートとなる北口の歩む道は、その後に続く子どもたちに1つの可能性を示すことになるだろう。

北口はやり投の楽しみ方について「やりが綺麗に、しかも遠くに飛ぶ爽快感を感じてもらえればうれしい」と目を輝かせながら語った【写真:荒川祐史】

やり投に親しみのない人へ「やりが綺麗に、しかも遠くに飛ぶ爽快感を感じて」

 幼稚園の頃はパティシエとバスケットボール選手に憧れ、小中学校では水泳とバドミントンに熱中した北口が、今では大好きだと断言できるやり投の魅力とは何なのか。東京五輪をきっかけに初めてやり投を見る人たちへのアドバイスを問われると、一層目を輝かせ、声を弾ませながら言った。

「やり投は、陸上の投擲競技の中で一番大きな放物線を描くんです。そして、その飛び方がすごく綺麗なんですよ。私は体の大きさやしなやかさを武器にしていますが、体の小さい選手はスピードを武器にしていたり。同じやりを投げているのに、投げる人によってフワーンと飛ぶ時もあれば、ズドーンって飛ぶ時もある。その違いが魅力だと思います。なじみのない方が細かい技術を理解するのは難しいと思うので、やりが綺麗に、しかも遠くに飛ぶ爽快感を感じてもらえればうれしいです」

 北海道に帰省すると、パティシエの父がマカロンやシュークリームなど食べきれないほどのスイーツを冷蔵庫に用意してくれるという。「どれもみんな美味しいんです」とうれしそうに笑う顔は等身大の20代女子。だが、スイッチが入った途端、その顔は勝負師のものへと変わる。投擲競技で日本人初の五輪メダル獲得なるか。北口榛花に注目だ。(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)