リーチ擁する東芝が首位パナソニックに敗戦、観衆2万人に「景色はかなり違う」

 ラグビーのトップリーグ(TL)第5節は15日、埼玉・熊谷ラグビー場の第2試合でパナソニック―東芝の全勝対決が行われ、パナソニックが46-27で制して開幕5連勝し、首位をキープした。パナソニックのPR稲垣啓太、HO堀江翔太、SO松田力也、東芝のNO8リーチ・マイケルと昨年のワールドカップ(W杯)日本代表メンバー4人がスタメン出場。観衆は満員の2万2705人が集まったなか、リーチは今季初黒星で首位チームに地力の差を見せつけられた。

 首位チームに力及ばなかった。立ち上がりから主導権を握った東芝。先制トライからリードを広げる展開となり、一時は逆転を許したが、後半も先手を取った。スペースを使って外に出すなど、新たなスタイルを垣間見せる。しかし激戦の末、終盤にパナソニックの猛攻を受けて万事休す。地力の差を見せつけられたリーチは、こう振り返った。

「前半は東芝がやろうとしていたことがしっかりとできたと思います。80分通してだと、相手のスコアによって崩れかけて、それで連続トライを獲られて、僕らがプレッシャーを感じることが多くなりました」

 勝ち点に差はあったものの、同じ全勝同士の対決。今季4戦全てでボーナスポイントを獲得してきた首位チームとの差を問われると、「う〜ん、パナとの差……」と話し始めたところで言葉を詰まらせた。10秒間の沈黙後に「わかんないですね」と苦笑い。しかし、すぐに「相手がアンストラクチャーのプレーが凄く得意で、僕たちのディフェンスがちょっとできない部分があった。アンストラクチャーに対して、どれだけいいディフェンスできるかがこれから大事になる」と分析した。

 流れの中で攻守が切り替わった直後、陣形が整っていない状態での個々の判断力や対応スピードで差を感じたようだ。

堀江に強烈タックル、日本代表同士の対決にリーチ「特別な思いはない」

 リーチは堀江に強烈なタックルを浴びせるなど、日本代表同士の対決も盛り上がった。桜のジャージを着た戦友と火花を散らしたが「特別な思いはない。ひたすら自分の仕事に集中してやろうと意識してやりました」と冷静。満員の観客でプレーする喜びをかみしめつつ、未来の日本代表を担う選手の成長を願った。

「多くの選手には初めての体験だったので、選手たちも凄くいい経験になった。たくさんの人にトップリーグの試合に観に来てもらって嬉しいです。景色はかなり違います。ホテルからスタジアムの道も結構違って、バスの出発時間も変えたりしないといけない状況になってきた。(大観衆の前で)若い選手にもこれから成長してもらいたいなと思います」

 23日の第6節は、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で神戸製鋼と対戦。またも全勝の相手だ。「毎試合、毎試合レベルアップできていると思う。次の神戸戦にさらに準備しないといけない。チームとして東芝が成長できた試合だと思うので、次の神戸戦に向けて準備していきたい」。リーグは全15節。まだ3分の1が終わったばかり。東芝の巻き返しへ、リーチは闘志を燃やしている。(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)