トップランク社がロペスの衝撃KOに再脚光、「5・30」の4団体統一戦実現を願う声が殺到

 ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)は5月30日に3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との4団体統一戦を予定している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期の見通しも伝えられている、2020年屈指の注目マッチ。プロモートする米興行大手「トップランク」は超新星ロペスがIBFタイトルを奪った昨年12月のタイトルマッチの衝撃KOに再脚光。ファンからは試合を熱望する声が続々と上がっている。

 この試合で“テイクオーバー”(奪取)の異名を不動のものとした。王者リチャード・コミー(ガーナ)に挑戦した22歳の新鋭ロペス。強烈なカウンターを炸裂させたのは2ラウンドだった。

 コミーの右に対して、ドンピシャのタイミングで右を放った。完璧なカウンターにたまらず膝をつく王者。立とうとするが、足元が定まらない。前につんのめりながら、もんどりうって倒れ込んだのだ。

 一撃で“2度ダウン”する衝撃シーン。何とか立ち上がりファイティングポーズをとったが、ダメージは明白。その後ロペスがラッシュをしかけると、レフェリーが試合を止めた。2回1分13秒での鮮やかなKO劇。デビュー15戦目(全勝うち12KO)でベルトを巻いた。

ファン待望「ロマチェンコがこのパンチに耐えられるとは思えない」

 同社の公式インスタグラムでは25日に「この夜、テイクオーバーは単なるニックネーム以上のものになった」とキャプションをつけて投稿。するとファンは再び衝撃を受けた様子で、ロマチェンコ戦を熱望する声が続々と上がっている。

「ロペスとガルシアの試合が見たい」
「ロマvsロペスはワイルドな一戦になる!!」
「これだけのパワーを持っているロペス…ロマチェンコとのマッチはまだだ」
「ロマは過大評価」
「バケモノ!!」
「右手のタイミングが完璧」
「ロマが待ち受けてるぞ」
「ロマチェンコがこのパンチに耐えられるとは思えない」
「これはロマじゃない。ロマは天才」
「ロマ、彼をKOだ」

 新型コロナウイルスの影響で米国ではボクシングの興行の中止が相次いでおり、トップランクも井上尚弥戦など4月までの全ての興行を延期、中止を決定。ボブ・アラムCEOはロマ―ロペス戦について「5月30日ではなくなるかもしれない」と延期を示唆しており、実際の激突がいつになるのかは不透明な状況だが、ライト級の頂上決戦はどんな形でも見たいというのがファンの声だ。(THE ANSWER編集部)