2月の“世紀の再戦”ではフューリーが7回TKOで王座奪還

 ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)と、前WBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)の第3戦が、10月3日に開催される予定となったという。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」の名物コラムニスト、マイク・コッピンガー記者がツイッターで伝えている。

 同記者は「情報筋が『ジ・アスレティック』に語ったところによると、タイソン・フューリーとデオンテイ・ワイルダーの再戦を10月3日にラスベガスで予定している。(この一戦はパンデミックの影響で延期したわけではない)」と第3戦について伝えている。

 両者の対戦は3度目。1度目は2018年12月に対戦して引き分け。今年2月22日(日本時間23日)に“世紀の再戦”が開催され、フューリーが7回TKOでV10を誇っていたワイルダーを破った。44戦目でプロ初黒星を喫したワイルダーはその後、正式に第3戦に挑む契約オプションを行使したと海外メディアに報じられていた。正真正銘の“最終決戦”となりそうだ。(THE ANSWER編集部)