【幸野健一が挑む日本のスポーツ文化改革|第4回】ジュニア年代でリーグ戦文化のある欧州と“負ければ終わり”が多い日本

 2015年、幸野健一は自ら実行委員長としてプレミアリーグU-11を起ち上げた。初年度に参加を表明したのは7県だけだったが、今では31都道府県に広がり、約7000人がプレーし3000試合前後をこなす規模にまで発展している。

「多くの指導者が集まる席が設けられ、なかなかジュニアでリーグ戦化が進まないことに対して、みんなJFA(日本サッカー協会)に批判の声を挙げていました。そこで僕が『だったらJFAに頼ることなく、自分たちで正しいと思うことを始めればいいじゃないか』と声をかけたのが発端です」

 なぜU-11なのか、幸野が背景を解説する。

「JFAはU-12のリーグ戦化を始めたのですが、全都道府県で平等にスタートしようとしたから、それだけで手一杯になってしまったんです。要するに試合数は増えたもののグラウンドが足りなくて、他の学年まで対応できなくなってしまった。だから僕らは、まず各県のトップ10に声をかけて、そこから裾野に広げていこうと考えました」

 10代でイングランドに留学し、世界43カ国の実情を見てきた幸野にとって、彼我の大きな違いの一つにリーグ戦文化の浸透度合いがある。

「10歳くらいの子供たちのサッカー知能を比べると、欧州のほうが断然高い。なぜなら欧州の子供たちは、全員がレベルに適したリーグ戦を毎週末にこなしているからです。リーグ戦では必ずホーム&アウェーで同じ相手と二度戦う。試合を振り返り分析して、再度対戦することで、個人戦術も蓄積されていく。それに対し日本ではノックアウト方式が多いので、負ければそこで終わり。だから落ち着いた状況で試合に臨めないし、二度と対戦しない相手だから次戦への修正もない。それが8歳から毎年30試合ずつ積み重なるわけで、日本は絶対に追いつかないな、と思いました」

クラブには「所属する全員を1人も不幸にすることなく、成長させる義務がある」

 一昨年のロシア・ワールドカップで、日本がベルギーに逆転負けを喫した翌日のことだ。FC市川GUNNERSに所属する6年生数人が幸野に話しかけてきた。日本のコーナーキックをベルギーのGKティボー・クルトワがキャッチして、MFケビン・デ・ブライネに渡すところから一気にカウンター攻撃が決まった。

「山口蛍の対応、あれはないよね」
「だったら、どうすれば良かった?」
「デ・ブライネがドリブルを始めた瞬間に、一度ペナルティーエリアまで引いて他の選手が戻るのを待てば良かったんだよ」
「そうだよな。でも山口もアドレナリンが出ているから、ついデ・ブライネに食いついてしまった。たぶん小学生の頃から、無意識レベルで対応できるようにトレーニングしてこなかったからじゃないかな。でも君たちは違う。大人になったら無意識レベルでもできるはずだよ」

 FC市川GUNNERSでは、小学生なら1チームの所属を8人制の倍に相当する16人までに止め、選手全員が全体の40%の試合に出場することを担保されている。また幸野が実行委員長を務めるプレミアリーグU-11も3ピリオド制を導入し、誰もが必ず1ピリオドはプレーする規則にしている。

「少年たちが一番望んでいるのは試合に出ることです。逆に彼らには毎週末、試合に出る権利があり、クラブ側にはチームに所属する全員を1人も不幸にすることなく、成長させる義務があるんです」

 幸野が持論を展開する。

「戦力が同じ2つのチームがあるとします。Aはレギュラーしか試合に出さない。Bは全員を出す。最初はAが圧勝します。でもBは上手くない子のモチベーションが上がるので、週3回の練習の中味が濃くなります。底上げが進むと、上手い子もなかなか相手を抜けなくなるので、さらに頑張り良い競争が生まれる。逆にAはレギュラーと、それ以外の子の差が広がる一方なので雰囲気も悪くなる。半年ほどでチーム力が逆転するのは当然です」

「世界中の指導者は苦しみながら、二律背反することを続けている」

 実際、昨年のチビリンピック関東大会を制した鹿島アントラーズ・ジュニアの小谷野稔弘監督は「3ピリオド制で全員試合に出すことが、結果的にチーム力向上につながった」と語っていたという。幸野が力説する。

「チームの全員を楽しませ、成長させながら勝つ。世界中の指導者は苦しみながらも、一見二律背反することを続けているんです。レギュラーしか使わない日本の指導者は楽過ぎる」

 一昨年、鹿児島で行われた全日本少年サッカー大会で、約5分の1の選手たちが一度もピッチに立たなかった。

「JFAのテクニカルレポートに記されたので、僕は『こんなことは許されない』と声を挙げた。でも『おかしい』と言ったのは僕だけ。もし参加者全員が同じように声を挙げれば、変わったはずなんです」

 忸怩たる想いが滲み出ていた。(文中敬称略)

[プロフィール]
幸野健一(こうの・けんいち)

1961年9月25日生まれ。7歳よりサッカーを始め、17歳の時にイングランドへ渡りプレーした。現在は育成を中心にサッカーに関わる課題解決をはかる「サッカー・コンサルタント」として活動。2014年に「アーセナルサッカースクール市川」を開校させ、代表に就任。19年に「FC市川GUNNERS」にチーム名変更、20年3月から業務提携した市川SCのGMに就任した。息子の志有人はJFAアカデミー福島1期生のプロサッカー選手で、09年U-17W杯に出場した。(加部 究 / Kiwamu Kabe)

加部 究
1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記〜青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。