東京五輪メダル候補の22歳が抱く、女子アスリートとしての競技哲学

 クライミングの野中生萌(X FLAG)がこのほど、「THE ANSWER」のインタビューに応じ、女子アスリートとしての競技哲学について語った。東京五輪メダル候補として期待がかかる22歳は日本人クライマー最多18万人のSNSフォロワーを数え、ファッション、ウェアに対するこだわりから、「誰かと一緒になりたくない」という自身の生き方についても思いを明かした。

 ◇ ◇ ◇

 野中生萌とは、もっともクライマーらしいクライマーではないか。

 東京五輪に採用されたスポーツクライミング。スピード、ボルダリング、リードという3種目の合計ポイントで順位を争う新種目で出場を目指している22歳は、このほど延期が決まった本大会でもメダル候補として期待が集まっている。

「やっぱり目指すところはもちろん、みんな金メダル。そこは、私もブレずに目指してやっています」

 ボルダリングで18年ワールドカップ(W杯)年間総合優勝。五輪同様、3種目で争う19年コンバインド・ジャパンカップ優勝など、実力は世界トップレベル。そして、もう一つ特徴的なのが、彼女の生き方。ここに、野中の“クライマーらしさ”がある。

 例えば、彼女のインスタグラムを覗いてみれば、「野中生萌」というキャラクターがわかりやすい。

 大会や練習の舞台裏はもちろんのこと、ファッションにまつわる発信も多い。写真にこだわり、投稿は堪能な英語でも頻繁に行い、コメント欄には海外ファンからの声も並ぶ。18万人を数えるフォロワーは、日本人クライマーで最多にある。

 どちらかというと、“今っぽいアスリート”の世界観が、人気を獲得している要因だろう。そのアイコンの一つとなるファッションに対する感度の高さについて問うと「こだわるというより、気にしてはいるかな」と言いながら、思いを明かす。

「そもそも、スポーツって『黒髪、ノーメイク』という昔ながらのイメージが強い。でも、そうじゃないのがクライミング。それが私の場合、髪やネイルの色を変えたり、メイクをしたりということにつながっているのかな」

 “昔ながら”の枠にハマらないクライミング。競技の空気は、大会に一度行ってみるとよくわかる。

 競技中もアップテンポな音楽が流れ、実況が会場のムードを盛り上げる。屋外の大会になれば、音楽フェスっぽさもある。選手の髪色、スタイルも様々で、ウェアのバリエーションも豊富。最近では競技用のデニムで挑む選手もいる。

 今は淡い紫に髪を染めている野中は「髪色を変えることで大会のモチベーションを上げることもある。気合いを入れたい大会、これは決めたいと思う大会には必ず美容院に行く。色は、その時の気分で」と笑う。

 クライミングとは、その競技特性を生かすことで、自身のパフォーマンスにも生かすことができる。

「清廉潔白なアスリート像」が過剰に求められる中にあって、野中は自然体を貫いている【写真:荒川祐史】

「憧れの女性」はいなかった、「誰かと一緒になりたくない」という思い

 しかし、こうして競技の多様化が進む日本スポーツ界において、昨今の女子アスリートの立場は、やや難しい立場にある。競技から離れた時間に髪色を変えたり、ネイルを楽しんだり、競技にメイクを決めて出たりすることを揶揄する声が一部で上がる。

 ともすれば、「清廉潔白なアスリート像」が過剰に求められる今。「競技者として戦うこと」と「女性らしくあること」のバランスについて、野中は「特に考えたことはない」と自然体を貫き、思いを明かす。

「ビジュアルと競技を分けて考えることはない。周りがどう思うかはその人の考え方によるし、捉え方は人それぞれ。なんであってもいいと思うけど、私は私なりの“これがいい”というものがしたいだけなので」

 自らが思う“アスリート像”が確立している。だから、競技に対するこだわりも強い。例えば、ウェアについて聞くと「ダサイ服は着たくない、かな」と“らしい”言葉で、屈託なく笑う。

「クライミングをして、お客さんを楽しませるのはパフォーマンスだけでなく、外見も重要と思うので」

 ウェアもファンを魅せるために欠かせないものの一つ。前提にあるのは機能性、なかでも重視するのは「素材の軽さ」という。「クライミング自体が重力に逆らうスポーツなので。単純に重いものよりも軽いものを身に着ける方がいい」とする。

 最近では、スポンサー契約を結んでいるアディダス社のトレーニングウェア「HEAT. RDY」も、トレーニング中のこだわりの一つだ。「動いていて、違和感がない。競技中にキツさとかが気になるのが一番イヤなので。それがまさにない」と明かす。「裾が広がっているのが好きじゃないけど、これは体に良い具合にフィットするので全く気にならない」という細部に対する繊細な感覚が、世界の第一線で戦う自らを支えている。

 こうして話を聞いていて感じさせるのは、クライマーとしての強烈なまでの自負。いったい、本人にとってはどんなクライマーが理想なのか。「強いクライマーになりたいというのは間違いなく、ブレずにある」と言い、もう一つ加えた。

「ビジュアル的なところを取ってみても、一人の野中生萌というキャラクターとして『ファッション、いいよね』などと言ってくれる人がいるなら、それはうれしい。

 誰かと一緒じゃなく、野中生萌みたいになりたい。誰かと一緒じゃなく、野中生萌のクライミングを目指したいという子が出てきたら、うれしいって思うかな」

 だから、幼い頃に憧れた女性は特にいなかったという。歌手、モデル、スポーツ選手……。素敵、可愛いと思っても「あんな風になりたい」という、普通の女の子にありがちな感情は芽生えることはなかった。当時、思っていたことは一つ。

「誰かと一緒になりたくない、絶対に」

自身が理想とする「強いクライマー」に向けて歩み続ける【写真:荒川祐史】

証明したい「強いクライマー」の姿「一番強いということを求めるのが今」

 声にした言葉は決して、とげとげしい質感ではない。ただ、自分をもっと高めたい。その思いが、クライマー・野中を強くしてきた。9歳の時、初めてクライミングジムに連れていかれた。登山が趣味の父の山登りのトレーニングの一環だった。

 3姉妹の末っ子は姉2人が登っている姿に触発され、負けず嫌いのハートに火が付いた。以来、クライミングにのめり込みメキメキと頭角を現し、13年に16歳で初めて日本代表入り。16年はボルダリングW杯で初優勝を含めて2勝し、世界ランク2位を獲得した。

 壁を登り始めた頃はもちろん、五輪という夢などなかった。メジャーな競技でもない。「誰かと一緒」ではなく、自分だけの楽しさを求め、上り続けた。10代で世界トップクラスに躍り出て、今がある。だからこそ、東京五輪で伝えたい思いもある。

「クライミングが単純にすごく楽しいと思ったことがきっかけで始め、今も続いている。競技のクライミングも、競技じゃない岩のクライミングもすべて含めて。

 クライミングの楽しさを知ってもらう機会が、東京五輪で注目されることによって増えることはすごくうれしい。その楽しさをもっともっともっと広げていきたい」

 クライマーには、正解がない。例えば、得意とするボルダリングも、課題を設定するルートセッターがいて、正解とされるルートは推定されるが、選手は必ずしも正解通りに挑むわけではない。

 むしろ、誰も想像しない方法でクリアした時、より観衆の熱狂の温度感は高まる。選手の個性の分だけ、競技は面白くなる。誰よりも個性を貫いてきた野中は、そのクライミングらしさを体現する存在だ。

 前述のクライマーとしての理想を聞いた時、最初に言ったのは「強いクライマーになりたい」だった。果たして「強いクライマー」の定義は何なのか。「それは……いろいろあるのかな」と言って、言葉を紡いだ。

「じゃあ、『強いって何?』ってなった時、大会で優勝することが一番わかりやすい。誰かと競って、一番強いということ。それは強いクライマーの証拠でもある。選手として競技をできる時間も限られていて、それを求めるのが今だと思う。

 だから、今は競技の世界で戦って、強さを証明していく。でも、それだけじゃなくて、外の岩もそう。クライミングだけでもなくて、気持ちが強いとか、いろんな要素がある。一つのことだけじゃなくていろんな面で強いことが、私にとっては理想かな」

 理想の「強いクライマー」との距離については「まだまだ、全然遠い。遥か彼方です」と笑ったが、それは成長の余白を意味するものでもある。野中生萌、22歳。最強のクライマーという頂を目指して登る壁の、まだ途中にいる。(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)