Jリーグは公式戦再開を延期、ファンが楽しめる貴重な機会に

 スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、28日に予定されている清水エスパルス―ジュビロ磐田、名古屋グランパス―横浜FCのトレーニングマッチ2試合をライブ配信すると発表した。清水―磐田は午前11時、名古屋―横浜FCは午後2時キックオフ。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、Jリーグは公式戦の再開を再び延期することを決定。J3が4月25日、J2が5月2日、J1は5月9日の再開を目指している。なかなか観戦の機会に恵まれないサッカーファンにとって、DAZNが届ける2試合は貴重な楽しみとなりそうだ。

 トレーニングマッチにあたって、清水のピーター・クラモフスキー監督と磐田のフェルナンド・フベロ監督は以下のようにコメントしている。

清水 ピーター・クラモフスキー監督
「自分たちのサッカーがレベルアップできるように、そしてリーグが再開したときにファンがワクワクして、誇りに思えるようなサッカーができるために毎日ハードな練習をしている。今回、DAZNでのライブ配信により、ファンとの繋がりができ、自分たちのサッカーを見せられる良い機会なので嬉しく思っている。磐田は間違いなくJ1昇格争いに絡んでくる強いチームであり、リスペクトをしている。我々との間にはダービーという歴史がある。トレーニングマッチだが、自分たちのパフォーマンスを発揮して攻撃すること、ボールを支配すること、そして勝利を狙っていきたい」

磐田 フェルナンド・フベロ監督
「全ての試合は重要です。しかしダービーは、どんな時も、たとえそれが練習試合であっても、より重要な戦いです。チーム一丸となり強い気持ちで、この一戦に臨みます」(THE ANSWER編集部)