インスタグラムで長文メッセージ掲載「今私達がしなければいけないことは…」

 女子テニスの大坂なおみ(日清食品)がインスタグラムを更新。東京五輪が延期になったことを受け、英語と日本語で長文メッセージを投稿した。

 大坂は「これが私の頭の中で考えていることです。これを読む必要はありませんが、東京五輪について正直につづりました」と謙虚に英語で記した投稿で、長文メッセージの画像を添付。英語とともに、日本語も添えた。

「オリンピック延期のニュースが報道された数日前から、この思いをどうやって皆さんに伝えられるかずっと考えていました」と切り出した大坂。「残念という言葉だけでは言い表せない気持ちです。サポーターの皆さんは私にとって母国である日本で開催されるこのオリンピックがどれだけ重要な意味を持っているのかご存じだと思います」と五輪に対する思いを吐露した。

 IOC、安倍首相の判断を支持した上で、スポーツの持つ力についても言及。「しかし、今私達がしなければいけないことはスポーツを救う事ではなく、世界中の人々が人種や国籍の壁を越えて、数多くの命を救うのが一番大切なことです。それこそまさにオリンピック精神じゃないでしょうか」と訴えた。

「日本人のみなさま2021年に我が国の美しさを世界の皆様に見せましょう。それまで、どうか健康に気を付けて、思いやりを忘れずに、みんなで頑張りましょう」と呼びかけ、締めくくった。大坂の誠実さが伝わるメッセージは瞬く間に反響を呼んでいる。(THE ANSWER編集部)