アイルランド女子選手の55歳父が感染、壮絶闘病の末わずかに回復

 新型コロナウイルスの世界中で深刻化している中、海外の女子アスリートの父親が感染から5週間の闘病の末に回復の兆しを見せているという。アイルランド紙「インディペンデント」が報じている。

 父親が新型コロナに感染したのはアイルランドの人気スポーツ、ゲーリックフットボールの女子選手、フィドナ・タングリーだった。同紙は「『まだ彼は昏睡状態です』 女子フットボール選手が父親の新型コロナウイルスとの闘病を明かす」の見出しで記事を掲載。さらにこう記されている。

「女子フットボール選手のフィドナ・タングリーと彼女の家族は恐ろしい1か月を過ごした。しかし、彼女の父親のジーンが昏睡状態になってから25日後、峠を越えた」

 55歳の父・ジーンさんは現在も集中治療室で闘病しており、記事では「その間家族にはたくさんの悪いニュースが届けられていた。家族は父親の状態が悪化している間、面会することができなかったのである」と説明。同国のリムリック大スポーツ健康学科2年で19歳のタングリーの言葉をこう紹介している。

「ここ数日間、父はわずかな回復を見せています。父はまだ人工呼吸器を装着して、昏睡状態です。その状態になってから25日が経ちましたが、ここにきて毎日少しずつ回復を見せているのです」

ビデオ通話で“会話”「父は返事をくれないけど…」

 記事によると、20日に肺にバクテリアを発見し、抗生物質を投与。以降、長期の闘病生活からわずかに回復し続けているという。タングリーは「看護師は、父の人工呼吸器が外れるまでに少なくとも1週間はかかると思っているが、どれだけ時間がかかっても、父が帰宅したらそっとしておいてください」と語り、こう続けている。

「看護師たちは偉大だわ。彼女たちは私たちの為に頑張ってくれているし、父の姿を見るためにビデオ通話をしてくれています。もちろん父に意識はないんですが、私たちは姿を見ることができるし、話しかけることができます。父は返事をしてくれないですけど」

 回復の兆しを見せたとはいえ、昏睡状態が続く父。電話で声を聞くことはできないが、少しでも家族のためになればと繋いでくれるスタッフにタングリーは感謝しているようだ。

「父は本当に幸運だと思います。病院で唯一のコロナ患者なのです。父は全てのナースの注意を集め、私たちが求める最高のケアを受けています」

 幸いにも、医療崩壊の状態ではないという。このまま快方に向かうことが切な願いだろう。(THE ANSWER編集部)