「氷上が恋しい」と心境吐露、夕焼けバックに華麗なパフォーマンス

 フィギュアスケートのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がインスタグラムを更新。夕焼けをバックに公園で映画「SAYURI」をパフォーマンスする映像を公開すると、再生回数は30万回を超える反響を集めている。

 氷上でなくても演技はできる。メドベージェワが桜の木の下で華麗に舞った。上下黒のウェア。赤いキャップを被り、顔も黒いマスクで全体を完全に覆っている。一目見ただけではだれかわからないが、動き始めると圧巻のパフォーマンスを披露した。

 今季の自身のフリープログラム「SAYURI」の旋律に合わせて、緑の上を踊り始めた。まるで氷の上のように優雅に舞った自身の映像に「氷上が恋しい」と一言キャプションをつけて投稿。この映像が大きな反響を呼んでいる。

 フィギュアロスの海外ファンからは「私もフィギュアスケートが恋しい」「素敵なビデオ! 私たちもみんな同じ気持ちよ」「何て夢のような美しさなの! 健康に気をつけて、一緒にこの難しい時期を乗り越えましょう」「美しすぎる」「これは感動的!」氷上のあなたを見られないのが寂しい!」「早くリンクに戻れますように」「桜に囲まれたあなたは美しい!」などと続々とコメントが書き込まれていた。

 6月に開催予定だったアイスショー「プリズム・オン・アイス」ではセーラームーンを演じる予定だったが、来年に延期に。出演のために早期来日していたメドベージェワは現在も日本に滞在しているようだ。(THE ANSWER編集部)