子どもたちともう一度「ONE TEAM」に―「ラグビー選手から午前9時のメッセージ」第7回

 新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

 もっとプレーを見せたかった選手、プレーを見たかった子どもたち。距離が遠くなってしまったいま、「THE ANSWER」はラグビー界がもう一度、子どもたちと一つになれることを願って、「#キミとONE TEAM」と題した連載をお届けしている。

 元日本代表主将の菊谷崇さんと廣瀬俊朗さんが発起人となり、多くの現役、OB、指導者らが賛同。いま抱えている思いとともに、全国の子どもたちに向けたメッセージを送る。また、記事は連日午前9時に配信。「#きょうのトライ」として、学校が休校となっている子どもたちにきょう1日を使い、やってほしいことを提案する。

 第7回は「ブライトンの奇跡」を演じた15年W杯イングランド大会で日本代表ヘッドコーチを務め、現在はイングランド代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズさんだ。

 ◇ ◇ ◇

 W杯でラグビーは大旋風を巻き起こしました。日本国内での人気も高まり、トップリーグがたくさんのファンを魅了したことは目を見張る功績だと思います。素晴らしい試合が多かったので、日本ラグビー界には明るい話題となりました。ただ残念ながら、新型コロナウイルスの影響でシーズンは中止になってしまいました。また来シーズンが始まる時、今年のような盛り上がりを作れるかが、日本ラグビー界に与えられた宿題になりそうですね。

 トップリーグの盛り上がりはアメージングでした。日本でラグビーはマイナースポーツでしたが、いまでは対戦カードに関わらず、誰もが見に行きたいスポーツとなった。これはどんな予測をも上回る成功になったと思います。

 ラグビーは特に日本に合ったスポーツだと思います。日本は世界中を見渡しても、おそらく1、2を争うくらいまとまりのある社会です。なので、ラグビーがチームとして機能しなければならない特徴が、日本人にはとてもよくなじむのでしょう。

エディーさんから子どもたちへ贈る3つのアドバイスとは…【写真:松橋晶子】

エディーさんから子どもたちへ贈る3つのアドバイスとは…

 日本がW杯で見せた戦いぶりにより、日本の選手は世界のどこに行っても通用すると証明されました。おかげで、いまの小中学生が大きくなった時、ラグビーが日本の国民的スポーツの一つとなり、ハイレベルなプレーをしている姿を思い描くことができます。だからこそ、前よりもたくさんの子どもたちがラグビーに興味を示し、ボールを持つことになったのだと思います。うれしいことですね。

 いま、ラグビーができなくて悲しく思う子どもたちもいるでしょう。そんな子どもたちに、私から三つほどアドバイスがあります。一つ目は、いまは辛抱強く過ごしましょう。いまこの時、世界は大きな問題に直面しています。誰もが我慢しなければならない時なので、みんなで頑張りましょう。ただ、家の中にいながらでも、自分を成長させることはできます。

 ここで二つ目のアドバイスです。家の中でラグビーがうまくなるトレーニングをしましょう。たとえ住んでいる家が大きくなくても、必ずできるエクササイズがあります。たとえば、小学生でも中学生でも腕立て伏せや腹筋のような体を鍛えるエクササイズはできますよね? ほかにも、テニスボールや卓球のボールを使いながらハンドアイコーディネーション能力を磨き、目で受けた情報に対してすばやく反応できるように頑張ることもできます。なので、毎日取り組むトレーニングとスキル練習を取り入れたルーティンを作ってみてください。

 そして三つ目は、これまでのラグビーの試合をたくさん見ましょう。そして、自分の好きな選手を見つけてください。菊谷さんでも廣瀬さんでもいいですね。彼らの現役時代のプレーを見て、どんなプレーが得意だったかを見つけ、自分のプレーに生かしてみましょう。

 ラグビーの練習には、体を動かしてスキルを伸ばすことと、ラグビーの知識を学ぶことがあります。いまはスキル練習は限られてしまいますが、知識を増やすことはたくさんできます。そして、どういう選手になりたいか、夢をふくらませることもできます。スクラムハーフをしている子どもは、みんなフミ(田中史朗)のようになりたいと思っているでしょう。では、フミのプレーを見て勉強してください。多くのことが学べると思います。

 ラグビーの試合を見ることは、映画を見ることに似ています。何回見ても違った見方ができるからです。初めて見た時よりも、2回目、3回目の方がより深く見ることができ、試合やラグビーそのものについて学べる。同じ試合を何回も見ることをオススメします。何回見ても見すぎることはありません。

「辛い時には、自分がうまくできたことを考えてみよう」と語ったエディーさん【写真:松橋晶子】

辛い時には、自分がうまくできたことを考えてみよう

 長い間、ラグビーに携わっていますが、楽しいことも辛いこともありました。中でも、ヘッドコーチとしてW杯決勝で2度負けたことは辛い出来事でした(03年オーストラリア代表、19年イングランド代表)。では、どうやって乗り越えたのか。私は自分たちがうまくできたことについて考えるようにしています。

 決勝で負けた後、うまくいったことを考えるのは難しいかもしれません。でも、目標は達成できなくても、何かうまくできたことはあるはずです。そして、自分の現状と目標の間にあるギャップについて考えてみましょう。そうすると、自分がいま何をするべきか、自分には何が足りないかが見えてきます。これはとても重要なことです。何ができたか、何ができなかったかを見直し、その先のプランを考える。こういうアプローチは大切です。

 そして、この作業をする時は、正直でなければなりません。これが多分、一番難しいことだと思います。自分が目標を達成できなかった時、他人のせいにしたり、状況を言い訳にしてしまうかもしれません。でも、自分がコントロールできるのは自分自身だけ。自分をうまくコントロールできれば、いい結果が得られるはずです。

 正直であることは、世界で一番難しいことかもしれません。正直であるためには勇気がいるからです。誰も自分の悪い部分は見たくないし、見せたくない。自分は正しいことをしたと思いたいですから。その勇気については『嫌われる勇気』(岸見一郎・古賀史健著)という素晴らしい日本の本があります。少し難しいかもしれませんが、ぜひ読んでみることをオススメします。

 いま大切なことは、時間をうまく使うことです。何かができないと考えるのではなく、何かをできるチャンスだと思ってください。家でスキル練習もできるし、ラグビーの知識を増やすこともできます。いまはみんながストレスを感じ、外に出て太陽の光を浴びたいと思っています。お父さんもお母さんもきっと大変な時を過ごしていると思います。だから、みんなで前を向いて過ごしていきましょう。

【#きょうのトライ「リーチ・マイケルがチームに与えた影響を考えてみよう」】

 子どもたちにピッタリの宿題があります。昨年のワールドカップで日本代表キャプテンだったリーチ・マイケルがチームにどんな影響を与えたか考えてみてください。特に、彼がリザーブからスタートし、途中出場した試合でチームをどう変えたか、考えてみてください。

■エディー・ジョーンズ

 1960年1月30日生まれ、オーストラリア出身。現役時代はフッカーを務め、ニューサウスウェールズ州代表に選ばれた。92年シーズン後に引退。その後はオーストラリアで教職に就いていたが、96年に東海大のコーチとなり、指導者の道を歩み始める。スーパーラグビーのブランビーズのHC、バーバリアンズのコーチなどを経て、01年にオーストラリア代表HCに就任。03年W杯では決勝まで進んだが、イングランドに延長の末に敗れた。イングランドのプレミアシップ、サラセンズのHC、日本のサントリーのHCを経て、12年に日本代表HCとなり、15年W杯では「ブライトンの奇跡」と呼ばれる南アフリカ戦での勝利に導いた。同年からイングランド代表HCに就任し、19年W杯では決勝へ導くが、惜しくも南アフリカに敗れた。

(次回はタッチラグビー日本代表の奈良秀明さんが登場)(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)