2007年、後楽園ホールでの試合にUFC代表が脚光

 米国最大の総合格闘技「UFC」は9日(日本時間10日)にフロリダ州で「UFC 249」を開催するのを皮切りに、今月は13日(同14日)、16日(同17日)にもイベントを開催する予定だ。そんな中で代表のダナ・ホワイト氏はインスタグラムを更新。日本のボクシングで起きた“レフェリーKO事件”を動画付きで投稿すると、海外の格闘技ファンから「気の毒すぎる」「かわいそうなレフェリー」などと大反響を呼んでいる。

 レフェリーも常に危険と隣り合わせ、命懸けだ。舞台は2007年8月の後楽園ホール。亀海喜寛と近藤康弘の一戦だった。第3ラウンド終了間際。サラサスレフェリーがブレイクで選手間に割って入った瞬間だ。近藤の左フックがレフェリーの後頭部に直撃し、そのままダウン。場内は騒然となり、両ファイターもどうしていいかわからないような状況に。

 そのまま体を起こそうとするサラサスレフェリーだったが、立ち上がることができない。朦朧とした意識で関係者に支えられ退場。急遽別のレフェリーに交代となった。

 13年前に起きたまさかのハプニング。海外では時折レフェリーが被弾し“KO”されるという試合はあるが、日本では戦後初の珍事だったという。

相次ぐ同情の声「かわいそうなレフェリー」

 ホワイト氏が投稿したこの映像には海外ファンからも反響が続々。レフェリーに同情する声が相次いでいる。

「かわいそうなレフェリー、苦しそう」
「彼をノックアウトして、助けようとさえしない…」
「レフェリーにスペシャルゲストがいたに違いない。マイク・タイソンとかストーン・コールドとか」
「誰か彼に牛乳を持ってきて!」
「パニックに陥ってる」
「気の毒過ぎる」
「このレフェリーが立ち上がったら8カウント与えて」

 などと1000件を超えるコメントが集まり、動画の再生回数も70万回を超えるなど大反響。サラサスレフェリーはすぐに病院に直行し、幸いにも無事だったという。

 コロナ禍での興行再開に意欲を燃やすホワイト氏。何が起きるかわからない、格闘技の側面を伝えようとしているのかもしれない。(THE ANSWER編集部)