子どもたちともう一度「ONE TEAM」に―「ラグビー選手から午前9時のメッセージ」第8回

 新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

 もっとプレーを見せたかった選手、プレーを見たかった子どもたち。距離が遠くなってしまったいま、「THE ANSWER」はラグビー界がもう一度、子どもたちと一つになれることを願って、「#キミとONE TEAM」と題した連載をお届けしている。

 元日本代表主将の菊谷崇さんと廣瀬俊朗さんが発起人となり、多くの現役、OB、指導者らが賛同。いま抱えている思いとともに、全国の子どもたちに向けたメッセージを送る。また、記事は連日午前9時に配信。「#きょうのトライ」として、学校が休校となっている子どもたちにきょう1日を使い、やってほしいことを提案する。

 第8回は、タッチラグビー日本代表の奈良秀明さんだ。競技の第一人者として知られる37歳は選手として大学1年生で競技と出会い、W杯に5大会連続出場。現在は選手として活躍する傍ら、日本初のタッチラグビースクール「町田ゼルビアBLUES」を設立し、指導者として競技の普及にも精力を注いでいる。現役中に世界24か国を旅した“異色のラガーマン”が熱い思いを届ける。

 ◇ ◇ ◇

 皆さんは「タッチラグビー」って知ってますか?

 まずはタッチラグビーについて説明します。よく聞かれるのが、「15人でやるラグビーとどう違うの?」ということ。タッチラグビーは6人でプレーし、シンプルな違いは激しいコンタクト(接触)がないこと。ラグビーにあるタックルの代わりにタッチをする。タッチされたらボールを置いてプレーを展開し、「トライ」ではなく「タッチダウン」を目指します。

 接触がない分、みんなが気軽に参加できるのが、一番の魅力です。子どもたちにとっては、ボールを使った鬼ごっこみたいな感じ。しかも、チームでやる鬼ごっこ。ボールを使って走りまくるという子どもが好きな要素が競技に含まれています。オーストラリア、ニュージーランドが本場ですが、最近ではヨーロッパのほか、アジアでも広がってきています。

 僕がそんな競技と出会ったのは、大学1年生のときでした。

 もともと小4から野球を始め、高校生までやっていたけど、都立の無名校、野球で上を目指すことは考えていませんでした。週6、7日練習して挑戦した高3最後の夏も西東京大会3回戦敗退。一般受験で日体大に入学した直後、新しいスポーツをやりたいと考えていたとき、食堂で1枚のポスターを見かけたんです。

「日本代表になりませんか?」と一文で大きく書かれていました。僕は日本代表になりたいなんて、それまでの人生で思ったこともなく、なんだか心に響いたんです。「自分が日本代表か、かっこいいな」って、単純な理由で。当時はまだまだタッチラグビーが知られていなかったので、チャンスとも思いました。それで、挑戦しようと決めたんです。

 ルールは全くわかりませんでした。知ってみると、ラグビーと一緒でボールを前に投げちゃいけないという理不尽さ(笑)。楕円球を投げることも難しく、うまくいかない。でも、それが楽しかったんです。野球でショートをやっていて、キャッチングは上手で、すばしっこい動きが僕がやっていたウィングというポジションにぴったり。自分の能力がすごく向いていたんです。

奈良さんには世界24か国を旅して気づいたことがあった【写真:本人提供】

「衝撃を受けたのはフィリピン」―世界24か国を旅して気づいたこと

 1年生の12月にはもう日本代表の遠征に行くことができました。4月から始めて、あっという間に日の丸を背負ったんです。3年生だった05年に初めてW杯に出場し、以降5大会連続でW杯を戦い、昨年の19年大会では3位に入って銅メダルを獲得することができました。37歳になったいまも選手を続ける一方、「町田ゼルビア」というクラブで小中学生にタッチラグビーを指導しています。

 僕にとって、タッチラグビーは僕そのもの。あのポスター1枚との出会いが、僕の人生を変えてくれました。人間としてもそう。野球を続けていたら、世界各国に友達がいるなんてありえなかった。だから、挑戦して良かったと本当に思っています。

 そんな中で昨年はラグビーW杯が行われ、すごい盛り上がりでした。うちのスクールにもラグビーを始めるきっかけに入った子もいて、影響力はすごいなと感じました。しかし、いまは新型コロナウイルスの影響で自粛中。活動ができません。

 でも、これはラグビーだけでなく、世界全体の話であるし、この期間はプラスにもなると思っています。我慢することで、やがてスポーツに「GO」が出たときに生まれる充実感やワクワク感は、いままでのラグビーをやってきた人が体験できなかったものを味わえる。みんな、ぐーっと力を溜めている期間。だから、僕はポジティブに考えています。

 いまの子どもたちのように、僕にも苦しい時期がありました。これほど夢中になったことがなかったタッチラグビーを楽しめなくなった時期があり、このままじゃダメになると思い、30歳のとき、日本を飛び出して世界を旅したんです。世界を回りながらタッチラグビーをやったら、楽しめるようになるんじゃないかと、ふと思ったんです。

 アジア、オセアニア、ヨーロッパで24か国を回ったことが人生に大きく影響しました。特に、衝撃を受けたのはフィリピンにいたとき。家とは言えないような家の集落で、子どもたちがお互いに石を勢い良く投げ合っていたんです。遊ぶものがないから、石を投げるくらいしかない。それを見たとき、日本はいかに恵まれているかと感じました。

 野球、サッカーなどスポーツが当たり前のようにできる、それ自体が恵まれている。だからといって、こういう子どもたちがいるから、僕たちがスポーツを楽しんだらいけないかというと、そうじゃない。恵まれている環境に感謝した方がいいということに気づかせてもらいました。

 海外ではタッチラグビーの指導もしていました。教えていると、英語が通じないときでもみんな笑顔になってくれて、僕が人のためにできることがあると感じ、人のためになれることを仕事としてやっちゃいけない理由はないと思いました。この旅で得た経験が大きく、帰国後の15年からスクールを作り、タッチラグビーで生きていこうと決めました。

 ポスター1枚で競技を始めたことも、苦しいときに世界を回ったことも「一歩、踏み出したこと」がきっかけで人生が変わりました。僕は苦しいときほど一歩、踏み出すことを大切に思っている。その一歩はどんな一歩でもいい。そのとき思ってほしいのは世界にキミという人間は一人しかいない。どんな一歩でもキミでしか踏み出せない一歩だと、自分を信じてほしいということ。

 誰かと一緒である必要はないし、誰かと一緒になることは絶対ない。自分の中で大きかろうと小さかろうといいので一歩、踏み出すことを大切にしてほしい。これは世界を旅して、いろんな国や人と出会い、思ったことです。やがてコロナが落ち着けば、スポーツを全力でできる日がやってきます。そのときは何かに一歩踏み出し、自分が輝ける瞬間を見つけ出してほしいと思います。

“楕円球ファミリー”として、ラグビー界と一緒に盛り上げを

 きょう、初めて「タッチラグビー」を知った子がいるかもしれません。でも、ボール一つあれば、どこでも誰とでもできます。

 運動嫌いの子も楽しみやすいです。まだ多くの人が知っていないので、スタートラインがだいたい一緒。競技によってはスタートからレベルが違い、途中から入る子が追いつけないこともある。そういう意味で、タッチラグビーは入りやすいスポーツで実際、僕のスクールは最初、運動嫌いだった子ばかり。まずは体を動かし、スポーツを好きになってほしいと思っています。

 加えて、ラグビーをやっている子にも生きると思います。タッチされてはいけない競技なので、その感覚を身につけていけば、タックルをかわすステップワーク、パスワークを覚えることにすごく向いている。試合のテンポが速いので、状況判断が養われるというメリットがあります。ラグビーが上手になりたい子にもオススメです。

 僕としてはスポーツが好きになって将来、別の競技にチャレンジしてくれてもいい。もちろん、そのままタッチラグビーを続けてくれればハッピーだし、ほかの楕円球の競技に行くこともハッピーです。ラグビー界が盛り上がれば、自然とタッチラグビー界も一緒に盛り上がっていく。“楕円球ファミリー”で一緒に活動していくことが普及には欠かせません。

 僕も選手としてできるだけ長く輝き続け、1人でも多くの人に楕円球の素晴らしさを知ってもらえるように努力していきたいと思います。

【#きょうのトライ「どんなことでもいい、小さな幸せを発見して」】

 これは僕がいま、心がけていることです。1日の終わりに寝るとき、自分の中でうれしかったなと思えることを探してほしい。いまは当たり前だったことが何もできない。でも、うれしいことを発見しようとするときって人はポジティブになれる。こういう小さいことが習慣づけば、大変な毎日もハッピーになってくる。

 僕は最近、一人バーベキューをしているのですが、前回は火がスムーズについたんです(笑)。なかなかうまくいかなかったものが、炭の置き方を研究して、チャレンジしたら、うまくいった。たったそれだけのことでもいい。それも一つの幸せになれるから、まずはきょう意識してトライしてくれたらうれしいです。

■奈良 秀明(なら・ひであき)

 1983年3月29日生まれ、東京・町田市出身。小4から野球を始め、忠生高(東京)3年まで続ける。日体大進学を機にタッチラグビーを始める。大学1年生だった01年に初めて日本代表入りし、通算5度のW杯に出場。19年大会では3位に入り、初めて銅メダルを獲得。第一人者として競技を牽引している。15年に日本初のタッチラグビースクール「町田ゼルビアBLUES」を設立し、指導者としても活動。ニュージーランド式ステップを指導するステップコーチも務める。現在は城南ジョーカーズ所属。166センチ、63キロ。

(次回は元日本代表・ホラニ龍コリニアシさんが登場)(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)