スケートボード・四十住さくらが立った岐路、14歳の賞金獲得がなければ「今はない」

 横顔に垂らす髪はピンクに染めると決めている。名前にちなんだ桜色だ。大会で着る勝負服も赤系。オシャレにこだわりを見せる姿は、いたって普通の女子である。天真爛漫な笑顔に人懐っこい関西弁。ちょっぴり照れ屋だが、真っすぐな瞳で東京五輪の金メダルを力強く見据えている18歳がいる。

 スケートボードの四十住(よそずみ)さくら。10代の有力選手がひしめく競技で東京五輪の金メダル獲得が期待されている。世界を舞台に戦っているが、中学3年の時に競技を続けるための大きなターニングポイントを経験した。

 今では生活の中心となったスケートボードとの出会いは小学6年の時。13歳年上の兄・麗以八(れいや)さんが近所の公園で友達と楽しそうに滑っていた。「仲間に入りたいと思ってお兄ちゃんにスケートボードをもらった。褒めてもらうのが凄く好きだったので、練習を凄く頑張りました」。2人兄妹、純粋な子ども心でボードを手に取った。スポーツも特別やったことのなかった少女は、未知の世界へと駆け出した。

 一つのことに熱中したのは、12年間の人生で初めて。1年ほど経つと、両親は学校の教室より少し狭いくらいの自宅の庭にコンクリートを張り、専用練習場に改造した。登校前の朝6時半から滑り始め、下校後も2時間近く練習して塾へ。専門とするパークという種目は、複雑な形をした窪地状のコースで行われ、空中に飛び出した時に繰り出す技(トリック)を中心に競う。次第に本格的なコースを求めて県外の施設に通うようになった。

 神戸の練習場まで往復3時間。母・清美さんの運転で毎日通った。土、日曜は施設の営業時間の限り練習し、無我夢中で一日12時間もスケートボードに乗る。「お母さんは練習を見てくれるから睡眠時間もないし、凄く大変だと思います」。時には三重まで行くこともある。全国大会に出場するようになると、父・和次さんも東京までハンドルを握った。

 ただ、両親の温かいバックアップはいつまでも続けられるわけではなかった。娘の意欲と比例してガソリン代や高速道路料金も上がっていく。車中泊でホテル代を節約することもあった。海外にも遠征する。しかし、実績があるとはいえず、スポンサーがついているわけでもなかった。

 競技を始めて約3年、遠征費が底をつきかける。米国で行われる2017年1月の国際大会を控えた時、両親から言われた。

「さくら、これがもうラストやで。もうお金ないから」

四十住は「本番に強いタイプ。それが自分の強み」と自身を分析する【写真:窪田亮】

ラストチャンスを前に転倒「記憶がなくなった」、大会本番へ

 決勝に進出すれば賞金が手に入る。中学3年で突然訪れた競技人生の岐路。文字通りラストチャンスだった。しかし、元日にアクシデントに見舞われた。家族で墓参りした帰りにも神戸で練習。高さ4メートルのハーフパイプで滑っている途中で頭から落下した。「記憶がなくなった」。脳震盪だった。

「何の技をやったのか、こけてから(休憩するための)部屋に歩いて行った記憶がないんです。たまたまお母さんが動画を撮っていて、それを見て『この技でこうこけたんや』みたいな。どうこけたのか動画を見てわかる感じでした」

 骨折などのケガはなかったが、冷や汗をかく事故だった。アクシデントを乗り越えて迎えた大一番。また一つ、壁を迎えた。公式戦は大会ごとにコースの形が変わるため、公式練習の決められた時間内にコースを把握し、感触を確かめなくてはならない。初めての経験だった。それでも、本番で勝負強さを発揮した。

「勝ちたいというよりも、全部出し切りたいという気持ちが強かった。うまくても本番に弱い人はミスをたくさんするんですけど、練習で凄く失敗するところでも本番でうまく乗れる。本番に強いタイプ。それが自分の強みだと思います」

 目の前の1本にぶつける集中力。無我夢中で練習してきたように、海の向こうに場所を移しても自分の技をやり切ることに焦点を当てた。最後になる可能性のあった大会で決勝進出。「決勝に行った時点で賞金をもらえるから、お母さんはそこで安心していました(笑)。『明日も頑張ろう!』みたいな。喜んでいましたね」。結果は3位入賞だ。

 スケートボーダーとしての“初任給”。「さくら、もう一回大会行けるぞ!」。両親の声も弾む。次の大会で優勝した。さくらの才能が開花した。チャンスをものにした結果、噂が広まり地元のスポンサーがサポ―トしてくれるようになった。翌年には日本選手権、ジャカルタ・アジア競技大会、世界選手権で優勝。崖っぷちのラストチャンスから道を切り拓き、世界女王まで上り詰めた。

「あそこで決勝に行っていなかったら、今はないってことですよね。(決勝に進めていなかったら?)う〜ん、家の前でスケボーしてたかな」

子どもたちへ「スケートボードを大好きなまま練習を続けてほしい」と言葉を贈った【写真:窪田亮】

家計の苦労は知らなかった、子どもたちへ「スケートボードを大好きなまま練習を」

 あの時、目の前の1本に集中できた理由の一つは、両親の苦労の全てを知らなかったからなのかもしれない。車の送り迎えなどの支えに感謝はしていたが、家計のことはほとんど知らなかった。

「それはお母さんが苦労していたことで、私は知らなかったからあまり苦労していない。管理してないからお金のことは全くわからない。ただ、その時は知らなかったんですけど、最近聞くようになりました。お母さんが取材の時に『スポンサーがつくまで凄くきつかった』という話をしているのが聞こえて。そうなんや、と」

 親心を知った。今では多くのサポート受け、世界を相手に思う存分に戦っている。ただし、“稼ぐため”にやっているわけではない。自分より下の世代の未来を担うボーダーたちへ、願いを込めた。

「やっぱりスケートボードをしている子どもたちは、スケートボードを大好きなまま練習を続けてほしい。もうそんなこと考えてほしくはないです。お金のことを考えたら、うまくできなくなっちゃうから」

 2月、誕生日の父に感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈った。「この前一緒に買い物に行ったら、財布が凄くボロボロだったから可哀そうだなって思って(笑)。ネットで一緒に選んで財布を買ってあげました」。スケートボードを始める前は、旅行が家族の時間だった。海が大好きな母。一人娘の頭の中には、恩返しの方法が描かれている。

「今はオリンピックでいい成績を残して恩返しをしたいですね。やっぱり金メダルを獲ること。オリンピックが終わったら旅行に連れて行ってあげたいです。みんなが応援してくれてるから、金メダルを獲れるように毎日時間を無駄にしないように頑張らないといけない」

 まだ18歳。土壇場で開花したさくらの才能は、どこまでも大きく咲き誇る。(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)