「ラストダンス」の新エピソードが配信スタート、生前コービーのインタも

 バスケットボール界の“神様”マイケル・ジョーダン氏ら1997-98年のブルズに迫ったドキュメンタリーシリーズ「マイケル・ジョーダン ラストダンス」は米スポーツ専門局「ESPN」で配信中。最新の5、6話は4日、配信がスタートした。ESPNは公式ツイッターで予告編動画を配信しているが、1月にヘリコプター墜落事故で亡くなった米プロバスケットボール(NBA)レイカーズの元スター、コービー・ブライアント氏がインタビューに登場。ジョーダンとの絆を明かしている。

 ファンにとっては震えるような場面だ。ブルズのユニフォームを纏ったジョーダンと、肩を並べるコービー。そして生前のコービーが、ジョーダンへの思いを口にしている。

「彼は俺にとって兄弟みたいな存在。1on1をしたら自分とマイケル、どちらが勝つのかという議論が本当に嫌だった。『マイケルに勝ったね』と言われて腹が立った。彼の存在なしでは5度のチャンピオンを獲得出来なかった。なぜなら彼は私を導いてくれて、偉大な助言を送ってくれた存在だったからだ」

 2人は度々比較される存在だったが、私生活でも親交が深く、コービーはジョーダンを兄貴分として慕っていた。2月のコービーの追悼式ではジョーダンが涙ながらにスピーチするシーンもファンの涙を誘った。

2人の姿に米ファンは感涙「今回はものすごく感動するものになるだろう」

 予告編はわずか50秒だが、これだけで米ファンの涙腺を緩ませている。

「この予告動画で十分だ、十分すぎる。」
「どのエピソードも面白かったが、今週のエピソードがトップのものになるだろう」
「コービー、あなたがいなくて寂しいよ」
「コービーとジョーダンは密接な関係だったんだね」
「ジョーダンはコービーを弟のように可愛がっていたんだね」
「今週の回はものすごく感動するものになるだろう」
「この部分だけ見ても泣きそうになる」
「コービーがもうこの世にいないなんて未だに信じられない」

 などと反響が続々集まっていた。

 現地の記者によると、コービーのインタビューは昨年7月に行われたもの。話題沸騰の「ラストダンス」の中でも、2人の貴重な共演シーンに心を揺さぶられるファンはさらに増えそうだ。(THE ANSWER編集部)