スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―当時アーセナルの17歳が話題に

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は18年に海外サッカーで当時17歳が決めた“超絶バナナシュート”だ。名門に所属する神童が驚異のカーブをかけた芸術的ゴラッソを炸裂し、衝撃が走った。

 イングランドが誇る神童が世界の度肝を抜いた。仰天シュートで話題になったのは、アーセナルU-23に所属していた当時17歳MFエミル・スミス・ロウ。1月のサンダーランドU-23戦、前半24分だ。左サイドを攻め上がった味方からグラウンダーのパスを受けた。ペナルティエリアのわずかに外、ゴール左のおよそ45度、20メートルの位置。背番号8はここからとんでもないシュートを放つ。

 相手の寄せが遅れているのを察知し、シュート体勢に入る。そして、右足でボールを振り抜いた。ゴール前中央を固めていた2人の外側へ。完全に枠の軌道から外れている。しかし――。直後に相手を巻くように急激にカーブがかかり、ファーサイドへ。GKは懸命に飛びついたが、さらに外から巻いてサイドネットを揺らしたのだ。DFは天を仰ぎ、呆然とした様子だった。

 仰天の“超絶バナナシュート”の瞬間をアーセナル公式ツイッターは「乾杯! エミル・スミス・ロウが我々にリードを与えた!」と題し、動画付きで紹介。メインスタンド側から撮られた画像は、シュートシーンがちょうど真後ろの角度から撮られる形となり、芸術的な軌道が一目瞭然となっていた。

 映像を目の当たりにしたファンから「なんだこの曲がり方は…CGじゃないのか!?」「この若さでこのテクニック。メッシも二度見するだろう」などと興奮と絶賛のコメントが相次ぎ、英外メディアも「ゴール付近で開いた口が塞がらないほど異次元なカーブ」「混乱をもたらす急カーブは全くもって信じられない驚愕のゴール」と絶賛した。

 さらに、FIFA公式ツイッターまで「エミル・スミス・ロウが矢を放った! イングランドはこのひと振りを常に忘れることはないだろう」と反応し、称賛を送ったほど。クラブがツイッターとインスタグラムで公開したシーンは合わせて再生120万回を超え、衝撃動画はネット上を騒然とさせた。

 一発のゴールで一躍、世界に名を知らしめた神童はその年の夏に飛び級でトップチーム登録を掴み、クラブ史上最年少ゴールも挙げた。以降は19年1月にライプツィヒに期限付き移籍し、今季はアーセナルに復帰した後、今年1月にハダースフィールド・タウンFCにレンタル移籍。第一線でもまれ、飛躍を目指す19歳に今後も注目だ。(THE ANSWER編集部)