子どもたちともう一度「ONE TEAM」に―「ラグビー選手から午前9時のメッセージ」第13回

 新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

 もっとプレーを見せたかった選手、プレーを見たかった子どもたち。距離が遠くなってしまったいま、「THE ANSWER」はラグビー界がもう一度、子どもたちと一つになれることを願って、「#キミとONE TEAM」と題した連載をお届けしている。

 元日本代表主将の菊谷崇さんと廣瀬俊朗さんが発起人となり、多くの現役、OB、指導者らが賛同。いま抱えている思いとともに、全国の子どもたちに向けたメッセージを送る。また、記事は連日午前9時に配信。「#きょうのトライ」として、学校が休校となっている子どもたちにきょう1日を使い、やってほしいことを提案する。

 第13回は、元日本代表・大西将太郎さんが登場する。07年ワールドカップ(W杯)フランス大会に出場し、当時の日本代表の連敗記録「13」ストップに貢献した名センター。現在は解説者として活躍する41歳は自身のキャリアを振り返り、「憧れ」が持つ力について子どもたちにメッセージを届けた。

 ◇ ◇ ◇

 ラグビーを見ることができなくなり、しばらく経ちました。こんなに長い期間、ラグビーが開催されないことはなかったこと。ただ、昨年にW杯を開催することができ、世界各国の人が集まって日本の良さだったり、みんなで一つになる良さだったり、ラグビーを通して伝わりました。いまはあのような機会がまた来るようにという思いを力に変え、過ごすしかありません。

 トップリーグはすごい盛り上がりでした。今まで来てもらえていなかった年齢層や女性も含め、全会場でたくさんの観客が楽しみにして来られていました。なにより子どもたちが「ラグビーを見たい」と思ってくれていることがすごく伝わり、このまま優勝争い、日本選手権など、さらにハイレベルな試合を見せてあげたかった。それは選手たちが一番、思っていたと思います。

 W杯で多くの子どもたちも「ラグビーが楽しい」と知ってくれたのではないでしょうか。見ても楽しい、やっても楽しいと思ってくれた人たちが多かったと思います。このままラグビーというスポーツが日本のスポーツの中で文化として成り立って行ってほしかったし、このまま五輪に熱をつなげていけたという思いはあるけど、いまは全世界この状況。仕方ない部分もあります。

 ただ、いまこれだけ盛り上がっているラグビーですが、子どもたちが知らない歴史があります。たとえば、僕がW杯に出場した07年のフランス大会、1次リーグ敗退で帰国したときに待ってくれていた記者は2人だけでした。当時のラグビーW杯はどこかほかに国でやるもの、日本にあまり関係ない、なじみのないスポーツの祭典というイメージがラグビー界にもありました。

 しかし、実際に参加した僕の立場からすると、W杯は素晴らしい大会と思っていました。観客の皆さんはもちろん、国中が一つになっている。そういう体験をしたので、アジアで初めての開催が日本でできることになったとき、一人でも多くの人にあの熱気、素晴らしさを伝えたいという思いを持ち、元日本代表として解説など大会を盛り上げるお手伝いをさせてもらいました。

 日本大会は素晴らしい大会になりました。国民的行事になり、日本中の皆さんが関心を持ち、W杯を楽しんでくれて心からうれしかったし、夢がかなった気持ちでした。07年大会を経験していた僕にとっては、考えられない盛り上がり。それまで日本代表で戦ってきた人たち、ラグビー界に携わってきた人たち、すべての思いを背負って昨年の日本代表は戦ってくれたと思います。

 現役時代はもちろん、自分がしているスポーツが好きだし、魅力あるものでした。それを一人でも多くの人に伝えるために普及活動など、やれることやっていたけど、何よりも日本代表が強くなることが大切でした。その中で今の日本代表は世界と戦い、勝てるようになり、子どもたちの関心を生んでくれた。みんなが初めて見る景色を届けてくれた選手たちには、非常に感謝しています。

平尾さんに憧れ、変わった人生…知ってほしい「憧れを持つこと」の大切さ

 W杯でラグビーをすることに興味を持ち、実際にやっている子どもたちも多いと思います。僕自身もラグビーが小さいころから大好きでした。スポーツはみんなで手を取り合い、仲間とやるもの。その中でラグビーは15人という多い人数でやるので、人と関われる機会が多く、友達もたくさんできます。そこが僕の思う魅力であり、周りから信頼が得られるスポーツでもあります。

 体を張ってタックルしたり、痛いことに率先したりしてプレーをすると、自分が最終的にトライを取らなかったとしても、チームメートから信頼を得られる。体と体を生身でぶつけ合って戦うからこそ、相手を尊重できる。小さいころはサッカー、ソフトボール、バレー、卓球、水泳、バスケと1週間、毎日習い事をしていましたが、ラグビーが自分の性格には一番、合っていました。

 ラグビーをする上で大切にしてほしいことがあります。僕には憧れの人がいました。日本代表で長く活躍された平尾誠二さんです。僕は大阪の花園ラグビー場から10分くらいのところに住んでいたので、ラグビーというスポーツが身近にあり、花園に見に行けば、多くの人から歓声を浴びていたのが、神戸製鋼でプレーしていた平尾さん。男が見てカッコイイと思う選手でした。

 同じ関西出身。僕もあんな人になりたいと思い、練習しました。部屋には平尾さんと撮ってもらった写真を貼り、プレーのビデオを何回も何回も見ました。そして、平尾さんと同じ同志社大学に行きたいと思い、実際に入ることができて、在学中に初めて日本代表に選ばれたときの監督が平尾さんという縁に恵まれました。16年に亡くなってしまいましたが、僕の永遠のヒーローです。

 子どもたちに知ってほしいのは、憧れを持つことの大切さです。憧れを持つことで自分の将来の道、なりたい夢のイメージがつき、近づける。「あんな人になりたい」という思いがあれば、それに向けて努力できる。成長する過程で、また別の憧れの選手ができることもある。いろんな人の影響を受けていい。多感な時期なので、いろんな人を知って自分を作り上げてほしいです。

 そういう意味で、昨年のW杯は子どもたちにとって、憧れが生まれる大会になったのではないでしょうか。僕が現役時代はNHKで深夜にちょっと流されるくらいの大会。身近に感じることはなく、ほど遠い夢でした。でも、日本で開催されたことでたくさんの子どもたちが身近で見て、リーチ選手、姫野選手、福岡選手などのようになりたいと思う子どもたちがたくさんできました。

 その夢を大切にして、大きく持ってもらいたいです。W杯に出られる人は登録メンバーの31人。全国でラグビーをたくさんの人がしていて「これだけしか選ばれないのか」と思うかもしれないけど、「自分がその場に立つんだ」という子どもが増えれば触れるほど競争力が高まり、日本のラグビー界はレベルが上がります。子どもの夢が大きければ大きいほど普及にもつながるんです。

 どんな試練があったとしてもW杯の舞台に立つ。ラグビーに限らず、日本を代表するような人間になる。そういう思いを持っていてほしいです。いま、コロナの影響で外に出られませんが、W杯のような盛り上がりは必ず帰ってきます。それまで我慢は続きますが、我慢をした分、伸び上がる力も大きくなるはず。この時間を自分にとって、プラスに変えられる努力をしていきましょう。

【#きょうのトライ「10分でもいい、何か夢中になれることをやってみよう」】

 夢中になれる時間はあっという間に過ぎます。それは大切な時間です。僕自身もいま1日1回、何かに集中する時間を作っています。仕事のためにラグビーの映像を見たり本を読んだり、「この10分だけは、ほかのことを忘れて集中しよう」と思って取り組んでいます。そうやって意識的に取り組むことが自分のためになり、積み重ねにつながってきます。

 1日10分でも1週間続ければ、1時間以上になります。それが勉強であってもいいし、腹筋など体を動かすことでもいい。なんでもいいんです。夢中になれる時間があるから、リラックスすることもできる。いまはテレビをつけたら、どうしても暗いニュースばかり。だからこそ、子どもたちには何か夢中になれる時間を持って、日々を過ごしてほしいです。

■大西 将太郎(おおにし・しょうたろう)

 1978年11月18日生まれ。大阪府出身。啓光学園高(大阪)で全国高校大会で準優勝し、高校日本代表では主将を務める。同大4年に日本代表初選出。07年W杯フランス大会の1次リーグ・カナダ戦では終了直前に同点ゴールを決め、12-12の引き分けに持ち込み、日本代表のW杯連敗記録「13」ストップに貢献。代表キャップは33。トップリーグではヤマハ発動機に在籍した07年にベスト15、得点王、ベストキッカーを獲得。近鉄、トヨタ自動車織機を経て16年限りで引退した。ポジションはセンター。

(次回は元日本代表・箕内拓郎さんが登場)(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)