公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏の連載、今回は「スポーツと栄養」会議をレポート

 Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。通常は食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「スポーツと栄養のオンライン・カンファレンス」をレポートする。

 ◇ ◇ ◇

 去る4月30日〜5月1日、スポーツと栄養のオンライン・カンファレンス「COMPEAT CON(コンピート・カンファレンス)」に参加しました。

 このカンファレンスは、健康増進やスポーツパフォーマンスの向上を目的とした栄養サポートを行う、オーストラリアの会社「Compeat Nutrition」が主催。プログラムは、地元オーストラリアほか、アメリカ、イギリスのスポーツ栄養士、運動生理学、トレーニング、メンタルなど、スポーツに携わる様々な分野の研究者・専門家によって構成。1日目はFODMAP、パラアスリートの栄養サポート、時間栄養学など、スポーツ栄養の旬なトピックスが並び、2日目はスポーツの現場での事例紹介や体験談などにフォーカス。最新の研究や現場での取り組みを発表する、貴重なカンファレンスとなりました。

 私がこのカンファレンスへの参加を決めた理由は、「Compeat Nutrition」代表のスポーツ栄養士、アリーシア・エッジが掲げたコンセプトにあります。アリーシアがサミットを企画するきっかけとなったのは、新型コロナウイルス感染症の影響によって、十分なトレーニングができず、試合の場も失ったアスリートや、職を失ったスポーツ業界従事者を目の当たりにしたことでした。皆が孤立感や行き場のない感情を抱える状況から回復するためには、どうすればよいのか? 果たして自分たちは何ができるのか?

 そう考えた末、「スポーツ界にとって価値のあること」「皆が目的を見い出せること」、そして「人々がつながりを感じられる場」を提供したいという、強い想いに突き動かされたそうです。

 カンファレンスは、苦しい生活を強いられるなかでも多くの人が参加できるよう、正規の参加費に加えて低額の参加費も設定。任意で金額を選べるようにした上、余裕のある人からの寄付金も募りました。その結果、スポーツ業界の専門家だけでなく、運動愛好家やスポーツファンまでと幅広い層から参加の申し込みがあり、寄付金も予想以上に集まったそうです。寄付金はアスリートの健康とスポーツ科学の従事者の活動を推進するために役立てるとのこと。「新たな取り組みがスタートし、これからがすごく楽しみだ」と話していました。

最も印象に残った2人の豪州元サッカー選手の話

 今回、ほぼすべてのプログラムを聴講しましたが、最も印象に残ったのはオーストラリアの2人の元サッカー選手、ボウ・ブッシュ氏、クレッグ・フォスター氏の話です。

 ブッシュ氏のプログラムタイトルは「障害とメンタルヘルスの間で――逆境からの回復」。現在、オーストラリアの労働組合評議会に加盟するPFA(Professional Footbollers Australia)で働く彼は、引退後のアスリートに起こる問題について報告。プロサッカー選手を対象に実施した「健康とウェルビーイング(幸福)」に関する調査結果によると、オーストラリアのサッカー選手は平均27歳で引退し、3人に1人が(戦力外通告やケガなど)望まない形で引退していること。45.2%が引退後の新しい環境に慣れるため非常に苦労していること。そして、5人に1人が慢性的な健康障害を抱え、19.5%が何らかの精神的な問題を抱えていることなど、シビアな現状について語りました。

 実はブッシュ氏自身も、現役時代から繰り返すケガに苦しみ、思うような結果を残せないまま20代で引退。サッカー一筋で生きてきた彼は、引退後に進むべき道が見えず、落ち込みがひどくなり、家族にも弱音を吐けなかった、と語っていました。本来の自分を取り戻したのは、縁あってPFAで働くようになってからだったとこのこと。それまではサッカーの話をすることも、現役時代を振り返ることも苦痛でしかなく、できなかったそうです。

 ブッシュ氏は最後に、スポーツ選手には現役時代から積極的に、人と、社会とのつながりを構築してほしい、と訴えました。社会とのつながりがあれば物の見方も変わるし、「そのとき」がきても、救われるのだ、と。今、コロナウィルス感染症対策で、アスリートたちは練習の場も成果を発揮する場を失っています。しかし、そもそもアスリートは自分の意志に関わらず、ある日突然、環境が変わったり、非常に困難な状況に陥ったりする環境下で生きている。おそらく、このことを現役の選手に対して一番伝えたかったのでしょう。

 元オーストラリアサッカー代表選手であり、現スポーツアナリストとして活躍するクレッグ・フォスター氏のプログラムは「スポーツと社会的責任」でした。

 サッカーの素晴らしさは世界中に多くのファンやプレーヤーに、サッカーを通じてオーストラリアという国を知ってもらえること。そして、ともに戦うことで、異なる文化、考え方、バックグラウンドを持つ人たちの間に、揺るぎない絆が生まれることである、とフォスター氏。

 つまり、スポーツが与える社会への影響は大きく、だからこそ、スポーツ界、そしてアスリートたちは率先して、社会を助ける活動をするべきだ、と語りました。

 例えば、環境や難民の問題もその一つ。スポーツは環境の影響も非常に受けるため、地球環境をどう守っていくかを伝えることはとても大切だし、オーストラリアは難民受け入れ問題に揺れているが、人権を守るために声を上げることも時には必要である。スポーツ選手はさまざまな制約、契約があるなかでも、社会のためにできることはやるべきだ、と話していました。

「今後、スポーツは社会のなかでどうあるべきか?」、主催者らの発言に刺激

 主催者、そして彼ら講師陣の発言に共通していたのは、不安や困難の中にあっても、「何ができるのか」「何をすべきか」を一人ひとりが考え、アクションを起こそう、というメッセージです。

 今後、スポーツは社会のなかでどうあるべきか? 「得点やタイトルのためだけにフィールドで戦う」以外に何をしなければいけないのか? 主催者や講師陣のこのような発言を聞き、活動を知ることで、スポーツ界の片隅に身を置く一人として、彼らの熱意と行動力に刺激を受けました。

 そして、スポーツは新たな形での在り方や社会とのつながりを考える時期にきているのだと、ひしひしと感じています。(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

長島 恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。