昨年10月末の武漢での国際大会で感染の可能性

 2016年リオデジャネイロ五輪の近代五種銀メダリストのエロディ・クルベル(フランス)が昨年10月に中国・武漢で行われた国際大会で新型コロナウイルスに感染していた可能性を告白。大きな波紋を広げている。地元テレビ局「France3」などが一斉に報じている。

 クルベルは昨年10月に武漢で行われた軍人スポーツ選手のための国際大会「第7回ミリタリー・ワールド・ゲーム」に出場していた。地方局「ロワール7」のインタビューに登場し、衝撃の発言が飛び出した。

 来年に延期となった東京五輪のコロナ禍に伴う恐怖はないか、という質問に対し、「ノーよ。なぜなら、バランタインと私は10月末から11月上旬まで武漢にいたので、すでにコロナウイルスに感染していたと思うの」と告白している。

 クルベルは同種目のリオ五輪代表バランタイン・ブロー(フランス)とともに大会後に異変を感じていたという。

体調に異変を訴える選手が続出「あんなことは経験したことがなかった」

 クルベルは「ミリタリー・ワールド・ゲームの後に、我々はみんな病気になった。バランタインは3日練習を休んだ。私も体調不良になった。ひどい結膜炎にもなった。あんなことは経験したことがなかった。その時は(新型コロナが)まだ話題になっていなかったので、そこまで心配はしなかった」と当時を振り返っている。

 記事によれば、フランスの軍医も感染の可能性を認めている。31歳のクルベルは「ミリタリー・ワールド・ゲームでは体調を悪化させるアスリートが多かった。最近連絡を取った軍医はこう言っていた。『君もそこで感染したと思う。なぜなら、このチームで数多くの体調不良者が出ていたからだ』と」とも語っている。

 新型コロナウイルスは昨年11月末に武漢の海鮮市場で最初の症例が確認されたと報じられているが、それより前段階で流行していた可能性が浮上。フランス以外でも、英紙「デイリー・メール」も報じるなど、クルベルの告白は大きな波紋を広げている。(THE ANSWER編集部)