オリンピックチャンネルがユーモア企画「リンクに隠れているハニュウは何人?」

 IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」公式ツイッターのユーモアあふれる投稿が話題を呼んでいる。商業施設のスケートリンクにフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)を紛れ込ませた写真を投稿。「ウォーリーをさがせ」ならぬ「ハニューさがせ」状態となり、ファンは目を凝らしている。

 羽生はどこだ。「オリンピックチャンネル」公式ツイッターが「スケートリンクに隠れているハニュウは何人?」と題して投稿したのは、1枚の写真だった。商業施設のような屋内スケートリンク。親子やカップルなど多くの人がスケートを楽しみ、吹き抜けのリンクの周りには2、3階まで人が行き交えるようになっている。しかし、よく目を凝らしてみると……。

 リンク上などに羽生がちらほら。「SEIMEI」の衣装だったり、ソチ五輪の表彰台だったり、いろんな姿でこっそりと巧妙に紛れ込んでいる。これには海外ファンも大喜び。必死に数え、返信欄で思い思いに回答を述べている。

「これすごく面白くて大笑いした。手を挙げたあとのSEIMEIを想像してみて。完璧だよ」
「9か10。オリンピック・チャンネル、もう1回やって…うちらの仲間でしょ?」
「10人のハニュウがいる世界なら万歳だよ!」
「10!!! もっとちょうだい」
「10!!! これ楽しいし、キュート」
「ソチのハニュウとPCのハニュウが別のハニュウを見てる」
「10! オリンピック・チャンネルありがとう。これは素晴らしい!」

 このように好評の声が続々。まだ正解は発表されていないが、「10」が最も多い回答となっていた。新型コロナウイルス感染拡大により、世界的に外出自粛が進む中、おうち時間にはピッタリのチャレンジになっていた。(THE ANSWER編集部)