連載「Voice――今、伝えたいこと」第2回、体操男子日本代表監督からのメッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 第2回は体操男子の日本代表監督、水鳥寿思氏が登場する。

 ◇ ◇ ◇

 日本体操協会で男子強化本部長を務めると同時に、日本代表監督として東京五輪に向けて準備を進めていた水鳥氏。代表選手の選考は4月17日から始まる全日本個人総合選手権大会で本格化する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により開催が見送られ、さらには東京五輪の開催も1年延期となった。

 自身も現役時代は五輪出場を大きな目標としていただけに「選手は一生に一度の、人生を懸けたチャレンジをしている。五輪開催が延期されたことは、選手によっては大きな影響があっただろう、しんどい部分はあるだろうと察します」と、やむを得ない事情であるとはいえ、目標の変更を余儀なくされた選手の心中を思いやる。だが、開催延期はすでに決定したこと。「事実は変えられない中でどうアジャストするか、自分にとってプラスに変えるか。それが選手としてすごく重要だと思っています」と、それぞれの選手が苦境をチャンスと捉えるメンタリティーを持つことに期待もしている。

「選手によって、すぐにプラスに切り替えられる選手もいれば、キツいなと感じる選手もいると思います。ただ、物は見方次第。1年延期で生まれた時間をチャンスと感じられるかが重要です。この前、萱(和磨)選手と話をしたら、この時間があるからもう一度ロペス(跳馬の大技)に取り組むことができるとか、この時間で若い選手が上がってくれば日本全体の底上げになるから団体で勝ちやすいとか、ある意味、自分のライバルになるかもしれない選手が強くなることさえもポジティブに捉えていました。

 これは体操だけではなくて他のスポーツにも当てはまると思うんですが、突然の怪我やアクシデントで予定通りにならないことに対して悲観したりマイナスに捉えたりすると、今できていることも引きずられて、できなくなってしまう。起きたことにどんな意味があるのか、この時間をどう使えるかと考えるマインドは大切ですね」

怪我から学んだ少し先の未来を「イメージすることの大切さ」

 昨秋に左足首を痛めていた谷川航は、この自粛期間で今まで完全に治りきらずにいた足首を治せると話し、ベテランの内村航平は、もう一度ブレットシュナイダー(鉄棒の大技)に挑戦できる時間ができたと話しているという。代表候補選手たちが見せる不屈の心に、水鳥氏は「実は、僕が励ますまでもないという感じなんですよ」と頼もしげだ。

 水鳥氏自身も、今回の五輪延期は体操男子日本代表にとって、楽しみな時間になると考えている。

「若手の選手が数多く出始めてきたので、ちょうどベテランと若手が拮抗して、誰が代表になるか分からないというのが、今の日本の状況だと思います。なので、1年の猶予はそれぞれの選手にとって、いいレベルアップの時間になる。日本としては時間をもらえたという感覚で、より来年の方が実力をつけられるんじゃないかと思っています」

 日本体操協会は現在、6月末までの活動休止を計画。個々の選手の練習を見に行くことが少なくなった水鳥氏は、この時間を使って、活動が再開した時にできるだけスムーズに進むように、協会としてのガイドラインを考えたり、ナショナルトレーニングセンターの使用再開時期をJOCと協議したり、「できるだけ選手が安全な状態で、どう活動していけるのか、その可能性を探っています」という。

 思い通りにならない状況に置かれた時、少し先の未来に目を向けて準備を進めるスタイルは、怪我に泣かされた現役時代に身に付けたものだ。「イメージすることの大切さ」について、自身の経験も踏まえながら、こう語る。

「僕はアテネ五輪に行く1年半前に大きな怪我をしてしまったんです。その時に、1年半後にある五輪から逆算して、どのタイミングに何ができていれば自分が五輪に行けるとか、何点くらい取れれば五輪に行けると、具体的な練習計画を作って、実際にアテネ五輪に出場し、団体で金メダルまで獲ることができました。

 同時にイメージトレーニングをよくしました。例えば、ある技を習得するまでに100回の試技が必要なところを50回で習得できるように、フォームや踏み込み方などビデオを見て、自分の頭の中で何度もイメージしました。限られた時間の中でいかに効率よくできるか。もちろん、実際に試技をしないと気付かないこともありますが、イメージすることで無駄な練習や怪我が減ると思います。

 技だけじゃなくて、自分が代表選手になって表彰台に上がっている姿やインタビューを受けている姿もイメージしました。怪我をして辛い中、できるだけ明確なイメージを持つことで、折れそうになる気持ちを保つことができました」

 今、思うようなトレーニングをできていない現役選手はもちろん、競技・年齢・レベルを問わず、幅広い層の人々にとって参考になる方法と言えそうだ。

スポーツ選手や関係者が自宅トレの動画配信「スポーツをする人が増えるとうれしい」

 広く世界を見回しても、軒並みスポーツイベントが中止となっている現在、人々とスポーツが疎遠になっている印象が強いが、視点を変えてみると今こそスポーツをより身近に感じてもらうチャンスだと水鳥氏は言う。

「いろいろなスポーツ選手や関係者が、自宅で過ごしている子どもや大人に向けて動画コンテンツを配信して、自宅でできる運動を推奨してくれているので、今までスポーツに取り組まなかった人たちに『こんなに身近にできるんだ』という気付きを与えてくれていると思います。いざスポーツをするといっても、今までハードルが高かった人もいると思うんですよね。その場所にいけないとか、仲間がいないとか、高価な用具が買えないとか。でも、この機会に自宅でこんなに手軽にできるということが広まって、スポーツをする人が増えるとうれしいですね」

 同時に、行動を制限される今があるからこそ、生まれる感動や気付く価値もあると期待する。

「実際にスポーツをしたり試合を観戦できるようになった時、今の反動から大きな感動や喜びを感じられると思います。僕も怪我をした後、久しぶりに体操ができた時の喜びは本当に大きかった。限られた現役生活の中で1日1日の練習を本当に大切にしようと強く思いました。改めて気付くスポーツの価値ってありますよね。健康であることに対する関心も高まり、そのアプローチの1つとしてスポーツや運動が注目される可能性もあるでしょう」

 水鳥氏は、新型コロナウイルスの影響を受ける現在を「社会が怪我をしているような状況」と例える。その上で「これは必ず回復するもの。今は辛いかもしれませんが、数か月後には今より視界が開けているはずなので、そこに向けて準備を進めていきたい」と話す。体操男子日本代表監督としても、今はもう前しか向いていない。

「体操男子にとっては有意義な時間になると思うので、しっかり活用して、来年の五輪では素晴らしい演技ができるようにしたいと思っています」

 2021年の活躍を、今から楽しみにしておこう。

■水鳥 寿思(みずとり・ひさし)

 1980年7月22日生まれ、静岡県出身。両親は元体操選手、5男1女の6人きょうだいのうち5人が体操選手という体操一家で育った。幼稚園の頃から父の経営する「水鳥体操館」で体操を始め、高校は関西(岡山)へ進学。3年生の時に全国高校選抜大会の個人総合で2位となった。99年に日体大へ進学。02年に左膝の靱帯を損傷する大怪我を負ったが、04年にアテネ五輪代表の座を射止め、団体金メダル獲得に大きく貢献した。北京五輪、ロンドン五輪の出場を目指したが、12年に引退。史上最年少の32歳で日本体操協会の体操男子団体監督、強化本部長に抜擢され、15年世界選手権では37年ぶりの団体優勝、リオ五輪では12年ぶりの団体金メダルに導いた。

(第3回はケイリン・脇本雄太が登場)(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)