スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―池江へライバル3選手からのメッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は昨年7月の世界水泳で、白血病により闘病中だった池江璃花子(ルネサンス)へ向け、海外のライバル3選手が送った粋な手のひらメッセージ。女子100メートルバタフライの表彰式で3選手が粋な演出で感動を誘った。その模様は海外で続々取り上げられ、反響を呼んだ。

 ライバルであり、友である池江へ、表彰台から思いを込めた。女子100メートルバタフライ決勝の表彰式。優勝したマーガレット・マクニール(カナダ)を筆頭に、池江の最強のライバルで2位に入ったサラ・ショーストロム(スウェーデン)、3位のエマ・マキーオン(オーストラリア)の3人が突然、そろって手のひらをカメラにかざした。

 そこには「Rikako」「(ハートの絵文字)」「NEVER」「GIVE UP」「Ikee」「(ハートの絵文字)」と黒のマジックで書かれていた。池江は当時、白血病により病床にいた。特に、ショーストロムは2018年10月にトルコで共同合宿を行った間柄。池江が昨年2月に病気を公表した際にはSNSに「涙が溢れている。私のありったけの力と愛を贈る」とエールを送っていた。

 激闘を繰り広げた直後に演じられた一幕は海外で大きな注目を浴びた。3位だったマキーオンの母国、オーストラリア水泳代表公式ツイッターは「女子100メートルバタフライのメダリストたちが感動的なジェスチャーで、日本人競泳選手のリカコ・イケエにメッセージを送る。ネバーギブアップ」とつづり、画像付きで紹介していた。

ショーストロムが翌日に語った舞台裏「みんなで同意しました」

 カナダ放送局「CBC」公式ツイッターは「涙を流したいですか? 100メートルバタフライの表彰台が(2019年)2月に白血病と診断された19歳の日本人スイマー、リカコ・イケエへ捧げられた」、中国英字紙「グローバル・タイムズ」公式ツイッターも「メダリストたちが自分たちのメダルを通して白血病と戦う19歳の日本人スター、リカコ・イケエへ支援のメッセージを送る」とつづっていた。

 そして、大会を主催する国際水連(FINA)公式インスタグラムは「たくさんの愛。女子100メートルバタフライの表彰式で、リカコ・イケエを支援する素敵なメッセージが送られた」と実際のシーンの画像とともに紹介していた。池江もストーリー機能を使って、英語で「thank you(ありがとう)」「love you guys(みんな大好き)」と感謝を示していた。

 表彰式の翌日、ショーストロムは「彼女のことを思っていると伝えたかったんです。そしてメッセージを送りました。表彰台の後ろで、メッセージを送るべきだと、みんなで同意しました」と舞台裏を明かした上で「彼女の回復が順調にいくことを願っています」とエールを送り、改めて池江に対する思いを伝えていた。

 闘病前は東京五輪を目指していた池江は、昨年12月に退院したことを自身のSNSで報告し、2024年パリ五輪でのメダル獲得を目指すと明かしていた。今月9日には特集番組「NHKスペシャル」で、治療を受けたりリハビリに励む場面、406日ぶりのプールに入ったシーンなどが放送されていた。

 番組は大きな反響を呼び、池江も放送後に自身のツイッターで「番組見て頂きありがとうございました。いつか皆さんに試合会場で、戻って来た自分をお見せ出来るよう、頑張ります!」とつづっていた。(THE ANSWER編集部)