スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―虫と格闘したボールキッズに反響

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は昨年1月、女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が思わず苦笑いしたシーンだ。4大大会・全豪オープンの女子シングルス1回戦。意外な話題を呼んだのが“虫出現”だった。大坂の目の前に現れた一匹とボールキッズが15秒間に渡って格闘。大坂も後ずさりした捕獲劇の瞬間を大会が動画付きで公開し、「全豪で愛すべきシーンになった」などと海外ファンに笑撃が走った。

 大坂が順当にストレート勝ちした一戦。ある意味、ハイライトとなったのは、この場面だったかもしれない。1-0で迎えた第2セット、5-2の第8ゲーム。大坂の勝利が目前となったコートに珍客が現れた。白っぽい羽の付いた蛾のような虫がひらひらと乱入。しかも、大坂のコートサイドだった。

 ボールボーイが近づき、捕獲を試みた。しかし、そんな動きをあざ笑うようにして、ひらひらと舞う。大坂は苦笑いすると、思わず後ずさりで距離を取っていった。場内から少年を鼓舞するように拍手が沸き起こる中、15秒ほどの格闘の末にようやく捕獲すると、割れんばかりの歓声が響くのだった。

大会公式が深夜に公開「全豪オープンで愛すべきシーンになった」

 大会公式ツイッターは「午前2:30。寝るなんてことは弱虫のすること、そうだろう? 今の時間、働いている皆さんは、まさしくこんな気持ちかい?」と試合後の深夜に動画付きで投稿。虫と格闘するボールキッズと深夜まで働くサラリーマンをユーモアたっぷりに重ね合わせ、笑いを誘っていた。

「本物の蝶か、または小さなドローンだ!」
「心を軽くさせた瞬間」
「全豪オープンで愛すべきシーンになった」
「テニスをもっと見たいと思えるような場面だ」
「ハハハハハ! 面白い!」

 コメント欄は笑わずにはいられないファンからの声が相次いでいた。思わぬ珍客の乱入でこの試合は一時止まってしまったが、大会を通じて大坂の勢いは止まらず。日本人として全豪初優勝を果たし、2018年9月の全米オープンに続く連覇を達成した。(THE ANSWER編集部)