連載「Voice――今、伝えたいこと」第4回、介護業界に転身した元投手のメッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 第4回は阪神、西武、広島で15年の現役生活を送った左腕、江草仁貴氏が登場する。通算349試合に登板した元投手は、2017年を最後に現役を退いた後、介護業界に転身。高齢者向けのリハビリ型デイサービスを経営する一方で、大阪電気通信大学硬式野球部コーチとして指導者の道を歩み始めた江草氏が今、伝えたいメッセージとは。

 ◇ ◇ ◇

 2017年9月に15年にわたる現役生活にピリオドを打った江草氏は現在、広島市内で高齢者向けのリハビリ型デイサービスを経営する。政府の緊急事態宣言を受けて、外出自粛や一部の業種に休業要請が出されているが、「閉めるかどうか、本当に何回も会議をして話し合いました」と悩み抜いた末、今なお来所を希望する高齢者を受け入れている。

「高齢者は新型コロナウイルスに感染するとリスクが高いので、用心されて『ちょっと休ませてもらうね』という方も多いです。ただ、高齢者の方はリハビリを続けないと一気に筋力が落ちてしまい、コロナが終息した後で動けるか分からない部分も多くなってしまう。なので、希望される方にはなるべく運動できる場所を提供していきたい、社会的受け皿をなくしてはいけないという意味でも営業を続けています」

 もちろん、福祉施設や介護施設はクラスターとなる可能性を秘めている。だからこそ、来所する高齢者はもちろん、働くスタッフの安全を第一に考え、徹底した対策を取っている。

「不安はどうしても付きまとうので、いかに不安を和らげられるか。手洗い、うがい、除菌はもちろん、自分が感染源になった場合には人の命に関わることなので、私を含めてスタッフは自分の行動に責任を持って、不要不急の外出はしないよう徹底しています」

 注意に注意を重ねての営業が続くが、高齢者から届く「ここがないと本当に困る」という感謝の声を励みにしているという。

指導する教え子からの色紙(江草仁貴氏のインスタグラムより)

大学3年で辞めようと思った野球、最後まで頑張った先に拓けたプロへの道

 もう一つ、思いを馳せる場所がある。それがコーチを務める大阪電気通信大学硬式野球部だ。活動は自粛となり、部員はそれぞれ自宅でトレーニングを積んでいる。その中でも最上級生となる新4年生の心中は察するに余りある。

「大学最後の年で、今まで頑張ってきた集大成として試合ができるのかできないのか、不安に思っていると思います。その他にも、こんな状況では就職活動も大変で、ナーバスになっているはず。彼らには『今まで本当に一生懸命頑張ってきたんだから、あとは祈るだけ、試合ができると信じよう』と伝えています」

 阪神、西武、広島で過ごした15年のプロ生活の中では、幾度となく苦しい時を乗り越えてきた。「つらい時間はあっても、いつか終わりは来る」と信じて、その先の未来を思い描きながら、今できることに集中し、手を抜かずにやり遂げたという。それというのも、専修大3年の時、本気で野球を辞めようと考えた経験があるからだ。

「一度もベンチに入れず、全体練習にもまともに参加できず、掃除当番や雑用ばかりさせられていました。『こんなことを続けていて意味があるのか、もう限界だな。野球を辞めた方がいいのかな』と本気で悩んだこともありました。でも、辞めるのは簡単だし、大学は4年までと決まっている。なので『いつか試合に出てやる。最後まで絶対にやり遂げる』と諦めずに続けたら、4年の時にプロへの道が拓けました」

 この時に味わった達成感、諦めないことの大切さを知るからこそ、野球部の部員には「頑張った先にはご褒美が待っている」ということを伝えている。

「今、教えている野球部は野球エリートはいません。高校であまり試合に出られなかった子たちが、野球をもう少しやりたいと思って活動しているチーム。だから、プロ野球選手になりたい子はほとんどいないんですよ。その中でどう目標設定をして導くかとなると、やっぱり社会に出てから役立つことを伝えたいですね。野球はチームスポーツなので、みんなで目標に向かう楽しさであったり、協力することの大切さであったり。1人だと限界があっても、みんなでやると何倍も何十倍も達成感を得られる。そうやって部活で頑張れる子は社会にでも頑張れると思うので、目標に向かって頑張ることの大切さを伝えていきたいと思っています」

つらく苦しい時も「いつかは終息する日が来る。そのためにも我慢が大切」

 突如やってきた元プロ選手のコーチの言葉に、部員たちは当初「なんだ、こいつ? みたいな感じでしたよ」と江草氏は笑うが、この3月にうれしいサプライズがあった。卒業する部員から寄せ書きした色紙をプレゼントされたのだ。

「僕が初めて教えた部員たちだったんですよ。もらった色紙に『江草コーチと出会えたことで人間的にも成長できたと思います』とか、『江草コーチの元で野球をできたのが、僕の人生の自慢です』とか、お世辞をいっぱい書いてくれたんです(笑)。今までプロで自分がいかに生き残るか、周りとの戦いだったので、巣立っていく部員を見守るのは初めての経験。なんだかすごいことだな、と思いました」

 指導する際には「独りよがりで自分のいいと思うことを押しつけても、部員たちは受け入れてくれない。なので、部員たちのレベルに合わせて、求めていることに合わせて指導すること」を心掛けている。一人ひとりと向き合うこと。この姿勢はデイサービスでも変わらない。「来て話をするのが楽しい人もいるし、運動をしたい人もいる。一人ひとり求めていることは違うんですよ」と貫いている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日本に限らず世界が今、我慢の時を過ごす。見えない敵との戦いに、途方に暮れそうになる時だからこそ、江草氏は日々、達成感を味わう努力をしているという。

「毎日1個、今日はこれをやったという達成感を作ろうと思っています。何でもいいから1個だけ目標を決めて、毎日クリアしていくんです。そうすると小さな達成感であったり、充実した気持ちを感じられるので。気持ちを前向きにするためにも、皆さんもぜひ。

 今はつらく、しんどい時ですが、いつかは終息する日が来る。そのためにも我慢が大切。一人ひとりがしっかり意識を持って、なんとか早く終わらせられるよう頑張りましょう」

 頑張った先にはご褒美が待っている。また、笑顔で日常を取り戻すためにも、今はじっと我慢だ。

■江草 仁貴(えぐさ・ひろたか)

 1980年9月3日生まれ、広島県出身。地元の盈進高から一般入試で専大に入学。硬式野球部では3年間、登板機会に恵まれなかったが、4年で才能を開花させた。チームが東都大学リーグ2部から1部に昇格する原動力となり、02年ドラフトで自由獲得枠で阪神に入団。主に中継ぎとして活躍した。西武を経て、12年に広島へ移籍。17年を最後に現役を退いた後は、広島市内でリハビリ型デイサービスを経営する一方、18年より大阪電気通信大で硬式野球部のコーチを務める。(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)