ベガスで井上を待ち続けるカシメロ、陣営も手招き

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)がツイッターを更新。リング上で高速シャドーを繰り出す動画を公開したところ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっている3団体統一戦の相手、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)のプロモーターが返信欄で「彼にビザを取るように伝えろ!!」と反応している。

 圧巻の超高速シャドーだった。リングに上がった上半身裸の井上は目にも留まらぬ速さで連打を繰り出した。ハンドスピードはぐんぐん加速。衝撃的な9秒間のシャドーを見せつけた。

 炎の絵文字3連投で気合十分な様子を見せつけた井上に、これまでも挑発的な発言を繰り返してきたカシメロのプロモーター、ショーン・ギボンズ氏が早速噛み付いた。

 返信欄では井上に加えて、トップランク社幹部を名指しで「彼にビザを取るように伝えろ!!」とツイート。2月から米国入りし、ラスベガスで現在も合宿を続けているカシメロ陣営は井上の米国入りを待ち構えている。

 そして、返信欄で「今買え」と、井上対カシメロ戦に向けた特製Tシャツ販促動画も公開。世界各国で25万人以上のフォロワーを持つモンスターのフンドシを借りる格好でまさかのPRも展開していた。(THE ANSWER編集部)