112日遅れの開幕戦第2日、予選落ちの渋野日向子が悔しさ我慢「出すもんじゃない」

 新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフの開幕戦、アース・モンダミンカップ第2日が26日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で行われた。首位と6打差の59位で出た日米5勝の渋野日向子(サントリー)は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの74で回り、通算2オーバーで71位の予選落ちとなった。

 初日は大雨の降った午前に回り、この日回った午後はピンの竿がしなるほど次第に風が強くなっていった。大会によると、午後1時頃の木更津市内の最大瞬間風速は15.7メートルの強風だった。会見では苦笑いをまじえ、記者の質問に「はい!」「はい!」としっかりと相づちを打ちながらサバサバと返答。「全体的にダメダメでした」と振り返った。さらにこう続けた。

「なんとか耐えていたが、パー5で最初にボギーをとって悪くなった。14番でダブルボギーを打った後に獲り返して、パー5で4つ落としているのは個人的にメンタルがきている。死ぬほど練習しないといけないと思いました。練習だったりラウンドを本当にしたので、無観客で練習ラウンドのような感じで入ったけど『試合』と頭に入っているので緊張する。やっぱり試合をやっていないと鈍っちゃうなと思いました」

 ホールアウト後にスコア提出所で時間がかかったが「ルーリングの話をしていました。悔しいと思う瞬間は今回たくさんあったんですけど、出すもんじゃないなと思いました。自分が悪いので、出すもんじゃないと。全く泣いてないです(笑)」と説明。会見終了時に「ありがとうございましたー!」と元気よく感謝を述べた。(THE ANSWER編集部)