連載「女性アスリートのカラダの学校」第5回―「生理の悩みで断トツに多い生理痛」

 スポーツを習い始めたばかりの小学生、部活に打ち込む中高生、それぞれの高みを目指して競技を続ける大学生やトップカテゴリーの選手。すべての女子選手たちへ届ける「THE ANSWER」の連載「女性アスリートのカラダの学校」。小学生からオリンピアンまで指導する須永美歌子先生が、体やコンディショニングに関する疑問や悩みに答えます。第5回は「生理の悩みで断トツに多い生理痛」について。

 ◇ ◇ ◇

 生理に関する悩みのなかで、断トツに多いものといえば生理痛。中学・高校生を対象とした調査によると、「勉強・運動に影響を与える生理の症状があるか」という質問に対し、「ない」と答えた人はわずか2割。8割の人が何らかの症状を抱え、そのうち約7割の人が具体的な症状として「生理痛」を挙げました(NPO法人日本子宮内膜症啓発会議 平成28年度スポーツ庁委託事業「子供の体力向上課題対策プロジェクト」における女子生徒計608人のアンケート調査結果より)。また、私が体育大学の女子学生1711人を対象に実施したアンケートでも、「生理痛がある」と回答した割合は78%にものぼります。

 生理痛は「腰が重い」「腹部に膨満感がある」「下腹部が締め付けられるように痛い」というものから、「頭痛」「吐き気」など腹部とはまったく関係ないようなところに、症状が出る人もいます。また、痛みや不調の程度も人によって異なり、ほとんど気にならない人もいれば、「学校に行くのもツラい」「布団から起き上がれない」ほど、激しい痛みを抱える人もいます。

 後者のように日常生活もままならないほどの激しい生理痛。これを、「月経困難症」といいます。

 月経困難症には2種類あります。一つは「機能性月経困難症」といって、子宮の強い収縮が痛みの主な原因です。

 生理中は子宮の内側を覆う「子宮内膜」が剥がれ落ち、子宮の収縮によって血液とともに「経血」として体の外に排出されます。ところが子宮の収縮が強くなりすぎると痛みが発生。特に10代のうちは子宮口が狭くて固いため、経血を押し出す際、子宮の収縮が強くなることがあります。

 ほか、子宮や卵巣が未成熟である、冷えやストレスが強い、なども痛みの原因に。下腹部の強い痛みが特徴で、月経開始から1、2日目に痛みのピークが訪れます。

月経困難症には「機能性月経困難症」と「器質性月経困難症」の2種類がある

「練習を休みづらい」では症状は改善せず、自分・チームのためにならない

 もう一つは「器質性月経困難症」です。こちらは痛みの裏に子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症といった病気が隠れているため、より深刻なケースといえます。「以前は軽かった生理痛が突然重くなった」「(生理が始まると)だんだん痛みが強くなる」「鎮痛剤を飲んでも効かない」という場合は、こちらが疑われます。

 最近も「私のセミナーを聴講して不安になった」と声を掛けてきた学生アスリートがいましたが、「市販の痛み止めを服用しても痛みが治まらない。もう何年も痛みを我慢しながらプレーを続けている」とのこと。話を聞き、すぐに婦人科を受診するよう伝えましたが、結果、子宮内膜症と診断されました。

 脅かすわけではありませんが、我慢できないほどの痛みを抱えている場合、「検査をしたら子宮内膜症だった」というケースは、経験上、少なくありません。さらに子宮内膜症は、放置すると症状が悪化。月経時以外にも腰痛や下腹痛、性交痛などさまざまな痛みが現れたり、不妊症の原因になったりします。

 特に中学・高校生の選手は、監督やチームメートに断り、練習を休んでまで病院に行くことがなかなかできない人もいると思います。でも、我慢することでは症状は改善しないし、結果的に自分の、あるいはチームのためにもなりません。

 例えば、痛みを我慢しながら練習をしても、痛みのためにフォームが崩れる、十分な運動負荷がかけられないなどで、練習の質が落ちてしまうことも考えられます。何より「痛みを見て見ないふり」を続けていると、将来、妊娠を希望する頃になって、取り返しのつかないことになりかねません(皆さん、今は想像できないかもしれませんが!)。

 一度、検査をして何もなければ、安心してスポーツに取り組むことができます。万が一、何か病気が見つかっても、痛みを緩和する、しっかり治療することで、良いコンディションを取り戻すことも可能。「生理だから痛くても仕方がない」と諦める前に、「誰かにちょっと相談してみようかな」と、一度、立ち止まることが大切ですよ。

■CHECK! 生理のときのその痛み、放置しても大丈夫?

□生理痛が重く、薬を飲まないとつらい

□鎮痛剤を飲んでも効かない

□年齢が進むにつれて生理痛がひどくなっている

 以上のなかから一つでも当てはまる人は、家族や保健室の先生、部活動の顧問に相談し、一度、婦人科を受診することをおすすめします。(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

長島 恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

須永 美歌子
日本体育大学教授、博士(医学)。日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)、日本陸上競技連盟科学委員、日本体力医学会理事。運動時生理反応の男女差や月経周期の影響を考慮し、女性のための効率的なコンディショニング法やトレーニングプログラムの開発を目指し研究に取り組む。大学・大学院で教鞭を執るほか、専門の運動生理学、トレーニング科学の見地から、女性トップアスリートやコーチを指導。著書に『女性アスリートの教科書』(主婦の友社)、『1から学ぶスポーツ生理学』(ナップ)