新設されたフィギュアの年間表彰「ISUスケーティング・アワード」

 国際スケート連盟(ISU)は26日、新設したフィギュアの年間表彰「ISUスケーティング・アワード」の各部門の最終候補者を発表した。

 今回発表されたのは当日発表の特別功労賞を除き、全7部門のうち6部門の候補者。男子の羽生結弦は「最優秀選手」と「ベストコスチューム」の2部門でノミネートされた。

 受賞者の発表は7月11日。各部門の最終候補者は以下の通り。

■最優秀選手

ネイサン・チェン(米国)
パパダキス/シゼロン(フランス)
羽生結弦(日本)

■ベストコスチューム

チョック/ベイツ(米国)フリー
アンナ・シェルバコワ(ロシア)フリー
羽生結弦(日本)GPシリーズ・フリー

■最優秀プログラム

ケビン・エイモズ(フランス)ショートプログラム
エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)フリー
パパダキス/シゼロン(フランス)リズムダンス

■最優秀新人

アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)
ユ・ヨン(韓国)

■最優秀振付師

シェイリーン・ボーン(カナダ)
マリーフランス・デュブレイユ(フランス)
ローリー・ニコル(米国)

■最優秀コーチ

ラファエル・アルトゥニアン(ロシア)
ブライアン・オーサー(カナダ)
エテリ・トゥトベリーゼ(ロシア)(THE ANSWER編集部)