チェルシー戦で決めた一撃に反響「無限に見られる」「ゲームでもむずい」

 海外サッカーのイングランド1部プレミアリーグで圧巻のFK弾が決まった。マンチェスター・シティーのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが25日のチェルシー戦で披露したのは縦回転のドライブシュート。スポーツチャンネル「DAZN」が公開した動画は10万回に迫り、「無限に見られる」「ゲームでもむずい」「エグい落ち方」とネットを騒然とさせている。

 デ・ブライネが魅せた。0-1で迎えた後半10分、ゴール正面約25メートルの位置で得たFKのチャンス、右足で振り抜かれたボールは4人が並んだ壁を越えた途端、縦回転がかかって急激に落ちる。そして、相手GKも届かないゴール左隅に突き刺した。無観客のスタジアムにシティの選手たちの雄たけびが響き、同点弾に酔いしれた。

「DAZN」公式ツイッターは「衝撃の一撃 凄すぎる!! デ・ブライネのFK」と驚きとともに動画を公開すると、再生回数は10万回に迫り、ファンからも「鳥肌…!!」「落ち方がスゴすぎる!」「無限に見られる」「ゲームでもむずい」「リアルドライブシュート」「異次元」「エグい落ち方」などと驚きの声が上がっていた。

 試合には1-2で敗れ、ライバルのリバプールの優勝が確定してしまったが、デ・ブライネの一撃は鮮烈なインパクトを残した。(THE ANSWER編集部)